RSS | ATOM | SEARCH
選挙報道と台風

台風一過の青空とはいかず、今日もどんより曇った空です。

もう2週間くらい、秋晴れの空っていうのを見てない気がする。稲刈り目前での長雨と台風、農家の方々は気が気ではないことでしょう。

今回の台風、あまりテレビでは報道されませんでしたが、こちらでは結構大変なことになっていました。

とにかくずっ〜と雨続きだったところへ、この超大型台風による豪雨。私が住んでいるところ(奈良盆地の中部)でも、21日からずっとものすごい雨が降り続いていました。

22日の午後になって、市役所からの緊急避難メールが続々と配信されてくるのですが、テレビはまったく台風関連のニュースをやってくれないものだから、どこでどんなふうになっているのか、どれくらい危険なのか、具体的な情報がさっぱり伝わってこないわけです。

いつものNHKなら時間ぶち抜きでニュースを流してくれるレベルの危険度なのに、今回はまったくそれもなし。

夕方になっても、夜になっても、何の報道も注意喚起もない。ただテレビ画面のテロップが静かに流れているだけ…なんだけど、その内容ときたらとても静かに見ていられるようなものではないんですよ。

奈良の河川(主に大和川水系)が根こそぎ危険水域に達しているとか、どこそこの地区に避難指示とか、交通機関が沈黙したとか、停電、通行止め、土砂災害、氾濫…etc. こんなに市民生活や命の危険に影響するような大事な報道を、なぜどこのテレビ局もただの一言も言ってくれないのか。

日本のテレビ局は、バカなのか? ゴミカスなのか?(知ってたけど)

ほっんとうに!!!! クズだなっ!!!!

怒りを通り越して、あきれ果てて悲しくなりました。

選挙も大切だ、それは分かる。

でも、今何を最優先に報道すべきか、そんなことも分からないのか!

大和川が氾濫したら、大阪の南半分は沈むんだぜ。何十万人の人が流されるんだぜ。今、バンザイしてる選挙事務所に、濁流が押し寄せてくるかもしれないんだぜ。

ほんとのほんとに、今回はマジでやばかったんだよ。ツイッター上では悲鳴と怒号が飛び交い、阿鼻叫喚。あまりのことに、テレビ局に抗議の電話をした方も多かったようです。

 

ちなみに、22日〜23日に私が投稿したツイートを見てみると、

◆嵐の前の静けさか…。期日前投票も済ませ、朝から買い出しに行って、籠城準備も万端(笑)。選挙事務に従事される皆様、お疲れさまです。台風で大きな被害などが出ませんように。(11:40)

◆テレビどの局も選挙速報やってますが、大和川が氾濫しそうになっててヤバいんだけど。マジ大変な被害になるかもしれないレベルです。もっと大切な報道やってよ!人命に関わる事態なんだから。( ̄□ ̄;)!! (22:41)

◆避難勧告メールがバンバン来てヤバい。今日はずーっと大雨降ってるし、ここ一週間余り雨続きだったし。奈良の川はあちこちで危険水位を超えてます。大和川下流の大阪も危ないよね。(22:54)

◆いつまでたってもテレビは選挙速報ばっかり。今にも大和川が氾濫しそうなのに。何万もの人の命が危険なのに。何やってんだよ、情けない。頭にくるだけなので、もう寝ます。どうか被害が出ませんように…。(0:14)

◆昨夜はついついムキになって台風関連のツイートをリツイートしてしまいました。大和川が決壊しなくて本当によかった。心配でなかなか眠れず、頭がボヤーっとしてます。何かあったらすぐに政府の危機管理は?とか噛みつくくせに、自分たちの報道姿勢はどうなん?マスコミって本当にマジでクソだな。(9:14)

これ以外にも、たくさんの方のつぶやきをリツイートさせていただいたのですが、皆さんほんとに心の底から怒ってましたね。

また、関西以外にお住いのフォロワーさんも私のツイートやリツイートを拡散してくださって、とてもありがたかったです。

 

今回のことで、思い知ったこと。

結局、大阪や関西のことなんてローカルニュースにすぎないんやなあ。なんでも東京中心なんやなあ。

マスコミも政治家も、国民の命なんてちっとも大切に思ってないんやなあ。口で何を言ってても。

台風に備えて、あんなにたくさんの人が期日前投票に行ったのにね。こんなにまじめな国民を、もっと大切にしてください。お願いします。

そしてNHKに物申す!

国民から受信料を取るなら、せめて国民の生命や財産に影響を及ぼすと思われる大切な情報を、きちんと報道してください。総合テレビが無理なら、せめて教育テレビでもBSでもいい。それくらいのことができなくて、えらそうな顔をして受信料とか言うな!!! 関西人は、すべてのテレビ局に対して怒っています。

 

 

 

author:千華, category:ニュース・一般, 14:19
comments(0), -
寝ても覚めても、オリンピック!

連日、熱い戦いが続くリオデジャネイロ・オリンピック。
日本人選手の大活躍もあって、なんとな〜く寝不足気味です(笑)。
始まるまではいろいろと問題が山積みで、それこそ大丈夫なの? 本当にやれるの?と心配されていたリオ五輪ですが、いざ蓋を開けてみると、本当にすばらしい大会になりましたね。
毎日毎日、朝起きると、まずテレビで飛び込んでくるのは日本のメダルラッシュのニュース。最初の水泳・柔道から、こんなに日本の選手が活躍したことってなかったんじゃないかしら。
一番最初に金メダルを獲得したのが、地元にゆかりの大野選手(男子柔道)だったこともあって、否応なしにテンションが上がってしまいました。
それにしても、ベテラン選手のがんばりに加えて若い選手の台頭が目覚ましいのは、日本人としてとても嬉しく、4年後の東京オリンピックに向けて希望が持てました。

いちいち書き出すときりがないんだけど、卓球・バドミントンなどふだんあまり真剣に見ることのない競技ですが、こんなに面白いものだったとは…!  水谷選手、自分より格上の相手に食らいついていくガッツあふれるラリー、高松ペアの大逆転劇、見ていて震えがくるほどでした。
それに加えて、昨日の女子レスリング。吉田沙保里がついに負けた…衝撃。
勝つことを義務付けられた彼女が、これまで勝ち続けてきたことのプレッシャーはどれほどのものだったでしょう。
昨日の産経新聞夕刊のコラムに「勝って騒がれるより、負けて騒がれるようになれ」という記事が(この言葉自体は相撲の話だけれど)載っていたのですが、まさにそのとおりの一戦でした。
吉田選手は、「金メダルが取れなくて申し訳ない」と泣きながら何度も謝っていましたが、彼女の健闘を讃えこそすれ、責める日本人なんていないと思います。それくらい、彼女が日本の(いや世界の)レスリング界の発展に寄与してきた功績は大きいと思うから。
さらに今日は、陸上男子400mリレーで奇跡の銀メダル!  最後は思わず大声で叫んでしまって(笑)。本当に、心底感動しました。
選手一人ひとりに、それぞれのドラマがあるのでしょう。
これまでの長い時間、言葉では言い尽くせないほどの努力と研鑽を積み重ね、重圧をはね返して、世界の舞台できっちりと結果を出す――。本当にすごいことですよね。

ところで、今のオリンピックで活躍している若手選手って、みんな「ゆとり世代」の子たちですよね。
我が家の子どももそうなんだけど、世間からはなにかとマイナスイメージで見られている「ゆとり世代」、実はすごいんじゃないでしょうか。もちろん全員が…というわけにはいかないでしょうが、みんなメンタル強そうだもんねー。
そしてインタビューでは、みんなが口をそろえて、家族や今まで世話になった人たちへの感謝を述べていたのが印象的でした。
のびやかに、そして素直に。こんな若者たちなら、日本の未来も明るい気がします。

オリンピックで戦ったすべてのアスリートたちに。
興奮と感動をありがとう!!


 

author:千華, category:ニュース・一般, 22:10
comments(0), -
かまびすしい世の中

いろいろと世間が騒がしいですね。
参議院議員選挙の次は都知事選挙。まあ、奈良の田舎に住んでいる私には関係のない話だけれど、それでも政策論争がほとんどなくて、立候補者の人気投票みたいになってしまうのはいかがなものかと(他人事ながら)心配になってしまいます。
そもそも鳥越さんって…。(^^;)
任期満了まで健康に不安はないのかしら。それに、憲法改正とか安保法案とかの話なんて、東京都知事じゃなくて国会議員が論議するものなんじゃないんでしょうかねえ。どうもその辺りをはき違えておられるような。それを大げさにヨイショするマスコミもマスコミだけどさ。

バングラディシュやフランスでテロ事件が起きたかと思うと、トルコではクーデター騒ぎ。いやはや、もはやどこにも安全な場所なんてないということでしょうか。
主人が定年を迎えて暇になったら、せめてもう一度くらい(パスポートの有効期間があるうちに)どこかへ海外旅行に行きたいな…なんて考えていたのですが、国内旅行にしておく方が無難かもしれないですね。(^^;)
それこそ車にキャンプ道具を積んで、あちこちのキャンプ場をのんびり回る、なんていうのもいいかもしれない。最近とんとアウトドアにはご無沙汰ですし。家の押し入れに山盛りになっているキャンプ道具たちに、たまには日の目を見させてあげなくては。


 

author:千華, category:ニュース・一般, 16:27
comments(0), -
暖冬?
はあ〜〜〜っ、寒い〜〜!
ここ数日、本当に寒い日が続いています。
特に昨日から今日にかけては、何でも40年ぶりくらいの寒波襲来とかで、沖縄でも雪が降るかもしれないっていうじゃないですか。予報によると、今朝の奈良の最低気温は−5度ですって。。。ほんとに冷たかったよ;;
昨夜はさすがに、外の水道管が凍結しないように、水をちょろちょろ流して自衛しました。こんなのやったの、何年ぶりかな?
今朝も、もし雪が降ったり道が凍っていたらどうしよう…電車が動いてなかったら…と、気が気ではありませんでしたが、おかげさまでこちらでは全然雪が降ることもなく、家族も皆それぞれ無事に出勤いたしました。
今回の寒波では、特に九州や中国・四国方面がえらいことになってましたね。まあ、この程度の寒さでぴーぴー言ってたら、それこそ北海道や東北の人に笑われてしまいますけど。(^^;)
それにしても、今年は暖冬だったはずでは?
暖冬と言っても、ず〜っと暖かいわけではなく、結構寒暖の差が激しくて、それでもまあ平均をとったら平年よりは暖かいんだ、みたいなことを先日気象予報士さんが言ってましたが…。どうも素人にはわかりにくいんだよねー。
冬物の洋服なんかも全然売れなくて困ってる、みたいなニュースを見た記憶もあるのだけど、もしかして今になって冬物が売れたりしてるのかな。やっぱり気候はいつも通りじゃないと、皆さんいろんなところで困ってしまいますよね。

スキーバスの転落事故や、廃棄食品の横流し事件など、結構大きなニュースが重なったここ数日でした。
それぞれ、思うことも言いたいことも色々あるのですが、相変わらず忙しくて時間がありません。
ただ、業界の裏事情なんて我々消費者には分からないし、とにかく業者を信用するしかないのだから、嘘やごまかしのないまっとうな商売をしてほしいものだと切に願います。


 
author:千華, category:ニュース・一般, 11:23
comments(0), -
忘れない…日。
ご無沙汰していました。
なんだかあっという間に日が経ってしまって。
たまに時間が空いても、パソコンの置いてある部屋が寒くてなかなか足が向かないんです。(^^;)
でも、今日は1月17日。決して忘れてはいけない、忘れられない日だから。

阪神淡路大震災。
あれからもう21年も経つんですね。
街並みやインフラは奇跡的な復興をとげ、美しい神戸の夜景が戻ってきました。
記憶は次第に風化し、震災を知らない人もたくさんいます。
でも…。
家族や友人を亡くした人たちにとっては、どんなに回りが変わっても、時間がたっても、決してその悲しみや痛みが安らぐことはないのでしょう。
神戸新聞社の記者さんたちの震災後の戦いを描いたドラマ(再放送)を見ていました。当時の映像を見て、やっぱり涙がこぼれました。
大好きな神戸の街が燃えている。あの日、テレビニュースに映った映像を目にした時の衝撃と、胸が締め付けられるような悲しみは、今でも忘れることができません。
震災で亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りします。
そして、私たちは、その時何ができるのか、何をしなければならないのかを、しっかりと心に刻み付けて生きていかなければならないのだと思います。それこそが、震災を風化させないことだと思うから。


 
author:千華, category:ニュース・一般, 17:12
comments(0), -
今年の漢字
毎年この時期に発表される「今年の漢字」。
今年は『安』でしたね。世間では色々と取り沙汰されていたようですが、まあ、受け止め方は人それぞれですから。
それにしても、流行語大賞といい、どうも近頃は何らかの政治的意図というか、世論操作的なものが働いているように思えて仕方ありません。
それはさておき。
我が家の(というか私の)この1年を象徴する漢字というと…。
やっぱり介護の『介』か『親』になるのかなあ。
そこまでは、絶対『猫』だ!と思っていたのですが、後半になって実家の父親の手術と入院(2回)があり、特に11月末に倒れてからは、今まで考えてもいなかった介護が現実問題となってのしかかってきましたから。このインパクトは強烈でしたねえ。
もちろん、いずれは誰もが通る道であり、一人っ子の私にとっては避けては通れない問題ですから、できる限りのことはしなくちゃと覚悟はしているのです。だけど、やっぱり大変。離れて暮らしている身としては、自分ちの生活もあるわけで。
何にせよ、今しみじみと思うのは、仕事やってなくてよかった〜〜ということ。勤めていたら、とてもじゃないけど毎日親の家に通って、買い物したり病院に行ったり介護の手続きしたり…なんて無理ですもの。
介護認定が下りれば、今よりはもう少し生活のリズムも整ってくるのだろうとは思うけれど、それでも日々いろんな用事はありますし。老老介護の母親のことも心配だし、目が離せないことに変わりはないでしょうね。
高齢者の交通事故も問題になっていますが、車に乗れないってことは(うちのような田舎では)移動手段を奪われるっていうことなんだよね。買い物も、病院も、足がなければ行けないわけだから、自分で乗れるうちはできるだけ長く…というお年寄りの気持ちもほんとによくわかります。今、私が両親の足になっているということが、つまりはそういうことなんだから。
これまでは、何となく漠然としか考えられなかった日本の高齢者問題や介護の実態について、いろいろと真剣に思いを巡らせることになった2015年でした。


 
author:千華, category:ニュース・一般, 10:39
comments(0), -
許しません!
ここ数日、新聞などを賑わせているニュースですが。
奈良県内を初め日本全国で、重要文化財の神社仏閣に油のような液体が撒かれたという。どこの誰がこんなことをしているのか分かりませんが、本当にけしからん話です。罰当たりめが!!
今のところ天理市では被害が報告されていませんが、心配ですねえ。何しろ重要文化財の建造物なんてそこらあたりに一杯ある上、たいして厳重な警備がされているわけでもないですし。
先人が大切に守ってこられた文化財、次の世代にきちんと伝えていく責任が私たちにはあります。
イスラム過激派の暴挙を見るまでもなく、遺跡や遺物は一度壊されたら二度と元には戻らないのですから。
一日も早く犯人が捕まることを、そしてこれ以上被害が広がらないことを祈りたいですね。


 
author:千華, category:ニュース・一般, 00:13
comments(2), -
20年…。
さっきセンムソアニメの記事をアップしたんだけど、今日はそんな呑気なこと書いてる日じゃなかったんですよね。
阪神淡路大震災。もう20年になるのか…。
子どもたち二人とも保育所だったもんなあ。
早朝の突然の揺れ、寝ている部屋のタンスが倒れてくるんじゃないか、と恐怖で体が動きませんでした。ダンナは子どもの上に覆いかぶさってましたけど。私は本当に何もできなかった…。
幸い私の住んでいる地域ではそれほど大きな被害もなかったのですが、ニュースで流れる神戸の惨状には涙があふれました。
市役所の職員総出で、差し入れのおにぎりを作ったりもしました。でも、自分たちにできることなんて本当にちっぽけで。
家族や友人や家や仕事や…大切なものを失った人たちのために、何もできないっていうのが辛かった。

あれから20年。
被災した方々は、どんな思いでこの20年を生きてこられたのでしょう。
想像するだけで胸が痛みます。
震災を知っている私たちには、これから何ができるのだろうか。
震災を知らない若い世代に、何を引き継いでいかなければならないのか。
いろいろと考えさせられる日ですね。
犠牲になった方々のご冥福を心からお祈りします。

 
author:千華, category:ニュース・一般, 12:20
comments(0), -
韓国船の事故は人災です
多数の死者を出した韓国船の事故から2週間がたちました。
死者・行方不明者の多くが修学旅行の高校生だったということもあり、本当に言葉にならないくらい悲しい気持ちでいっぱいです。
事故の詳細が分かるにつれ、船の運航そのもののずさんさや避難誘導の過ち、救助活動の不手際などが次々に明らかになってきましたね。
船が傾いてから沈没するまで、あれだけの時間があったのなら、もっとたくさんの人を救助できたはずなのに。
乗組員が乗客を捨てて先に逃げ出してしまうなんて。ありえない。もっと早くに適切な避難誘導ができていたら…と、残念でなりません。
救助に駆け付けた海洋警察の対応も、あまりにもひどすぎます。なぜもっと、最善の措置をとって全力で救助できなかったのでしょうか。一人でも多くの乗客を救おうと、必死に救助活動をしてくれなかったのでしょうか。遺族の心中を思えば、胸がはりさけそうです。
実は我が家の娘、数年前に高校の修学旅行で韓国に行ったことがあるのですが、本当に何事もなく無事に帰ってこれてよかったなあと、改めて思っている次第です。

確かに日本でも、何か大きな事故があると「ここがよくなかった」「これができていなかった」と後から問題点が指摘されることはしばしばあります。けれども、今回の沈没事故はそんな生易しいものじゃない。これはもう、「犯罪」といってもいいくらいの酷さです。300人近い犠牲者は、殺されたといってもいいんじゃないでしょうか。
船会社、船長、乗組員、海洋警察、政府…もう、どいつもこいつもろくでもないとしか言いようがないわ。
万が一同じような事故が日本で起きたとして、もっと適切で素早い対応がなされていただろうと信じたいです。
何といっても、日本には海猿がいるもんね!

 
author:千華, category:ニュース・一般, 14:50
comments(0), -
あ〜、びっくりした;;
今朝早く、淡路島を震源とする地震が発生しました。
我が家の辺りは震度3で、揺れそのものはそれほど大きくはなかったのですが、初めて鳴った緊急地震速報にたたき起こされ、その最中に揺れが起き始めて本当にびっくりしました。
寝ていた部屋に、私とダンナと(なぜか)息子の携帯まで置いてあったので、3台の電話が一斉に鳴り始めたのです。寝ぼけ頭では状況がすぐに理解できず、(え〜〜、こんな時間にアラームかけてたっけ? こんな音に設定してたっけ?)と思った瞬間に家が揺れ…。
あー、怖かった。
久しぶりの地震、やっぱりその瞬間は固まってしまいますね。
こちらでは、緊急地震速報を実際に聞くのも初めてでしたから。
しかし、電車の中とかで、あれが一斉に鳴り出したら…と思うと、もう想像しただけでパニックになっちゃう。 関東や東北地方では、しょっちゅう鳴ってるんですよね。これはかなり心臓に悪いわ;;
ニュースなどで見ている限り、大きな被害とかはなかったようで、本当によかったです。
時間が時間だけに、この前の阪神大震災を思い出した方も多かったのでは。震源地も同じ淡路島だし。
つい先日、NHKの地震情報番組を見たばかりなので、すわ、南海地震か?と朝からびびってしまいました。きちんと日頃から、できる備えはしておかなくてはだめですねー。

author:千華, category:ニュース・一般, 15:13
comments(4), -