RSS | ATOM | SEARCH
猫のこと。

暑い、暑いと言っている間に、7月ももう終わりですねえ。
早く涼しくなってくれないかなあ。連日の35度とか、もうエアコンなかったら死んでしまうよ;;

今日も朝から暑い〜〜っ。蒸し風呂だあ。(;´Д`) ……とかウダウダしていたのですが、ツイッターのフォロワーさんが素敵な猫のマンガをリツイートしておられるのを見て、なんだかとてもほんわかした気持ちになりました。
​桜井海さんという方がツイッターで描いておられる「おじさまと猫」というマンガです。ペットショップで売れ残っていたブサイクな(個性だけど)猫が、一人暮らしの素敵なおじさまに引き取られ…というお話。
​こちらからどうぞ。→ <桜井海さんのツイッター>
素敵なお話にちょっとうるっときてしまいまして、我が家の凶暴なお猫さまのことも、妙にかわいく見えてきたりしています(爆)。いろいろ思い出して何となくしみじみ。
​うちのたまこは、一昨年の5月に我が家にやってきました。迷い猫で市役所に保護されていたのを引き取ったのです。たぶんあのままだったら保健所行きだったでしょうね。まだ生まれて2〜3週間くらいで、体重は200gくらいしかなくて、ほんとにちっちゃくてやせっぽちで…ちゃんと育つのかしらとすごく心配したものでした。


    


ところがこのたまこがとんでもないやんちゃで、っていうか噛み癖が酷くて…特にわたしの手足に執拗に噛みついてくるものだから、手も足も血だらけ、傷だらけで、腕なんてリストカットしたみたいになってまして;;
​触られたり撫でられたりするのが極端に嫌いな子で、めったに鳴かないし、自分の思っていたバラ色猫ライフとは全然違うギャップに、泣きたくなることもしばしばでした。
こんなはずじゃないよね、猫ってもっとかわいいものじゃなかったっけ?
。。。。まあ、これがこの子の個性だと思ってあきらめるしかない。。。。のか?

さらに、悔しいことに、たまこときたら息子にだけはべったりデレデレなんですよね。めちゃくちゃハイトーンの甘えた声で鳴きながら、尻尾を立てて足にまとわりつく…こんな姿を見せられたらむかつくの何の! たまこにとっては、息子=恋人もしくはご主人様、ダンナ・娘=同居人、私=下僕もしくは玩具、みたいな感じなのでしょう。(^^;)

私なんて唸り声しか聞いたことないよ。あからさますぎて笑ってしまうくらい、たまこの態度が相手によって違うんですもの。はあ〜。(もっとも母親としては、息子には、猫より人間の女性に好かれてほしいのだが;;)

そんなこんなも、もう今となっては諦めの境地です。

 

 

 

 

でも、今も時おり心ひそかに思うのは、(次に飼うのなら、もっと人懐こくてかわいい雄の猫がいいなー)なんてね。「次」がいつのことになるのやら全く分かりませんが…。

などと、素敵な猫とおじさまのお話に胸が熱くなったついでに、我が家の猫を思い出して胸が痛くなった私なのでした。

 

 

 

author:千華, category:たまこ。(お猫さま), 22:55
comments(0), -
猫脱走防止用ネット
先日書いた猫の窓からの脱走防止についてですが、ダンナが休日に早速やってくれました。
ネットの情報をもとに、まず材料を入手するためにホームセンターと百均を見に行ってみました。何とホームセンターでは、ネットが1枚1000円近くするのですよね。一つの窓に2枚は必要だから、3か所設置しようとするとこれだけで6000円…。
う〜〜ん。。。という感じで、次は百均(ダ○ソー)へ。思っているようなネットが(ホームセンターのものより若干頼りないですが)、ここでは1枚150円〜200円。結線バンドや窓ロックなどを合わせても1000円もかかりません。これはもう、買うしかないでしょ!ってことで、試しに買ってみて試作品をつくることにしました。
それで出来上がった第1号がこれ。2階の廊下の窓です。



網戸にしていたら、たまこがずっと窓の側に座って離れないので、気になっていたんですよね。
2階なので、窓をあけておかないと暑くてたまらないし。
ガラス戸や雨戸を閉めるときは、いちいち外さなければならないのでちょっと不便ですが、まあ(人間の力なら)簡単に外れますので大丈夫かな。
その後、材料を買い足して3か所に設置しました。

  

クーラーを入れるまでは開けておきたい窓なので、これで少しでも安心できればいいなと思います。本当はもっとやりたいんだけど、最初から猫が入れないようにあちこち閉めてしまっていたりするので、あまり意味がなかったりします。
ただでさえ風通しの悪い我が家なので、せめて梅雨入りくらいまではクーラーなしでがんばれるといいなあ。


 
author:千華, category:たまこ。(お猫さま), 08:51
comments(0), -
たまこ1年!



たまこが我が家に来て、今日でちょうど1年になります。
段ボール箱に入った200gの毛玉みたいだった子猫が、3.6kgの立派な成猫になりました。
性格は相変わらずだけど、ちょっとだけ大人しくなったかな…。以前のように、むやみやたらに飛びかかってきて噛みつくことも少なくなってきたし。
まあ、今でもたまこはお兄ちゃん(だけ)が大好きで、彼に対しては常に無防備というか、しっぽを立てて足元にまとわりついたかと思うと、すぐに床にごろんと寝てお腹を見せて甘えるわ、かわいい声で鳴いて媚びをうるわで、そのたびに私と娘はむかついているのですけれどね(爆)。
それにしても、これからの季節気になるのが、いかに猫を脱走させないか、ということです。
去年はまだまだ小さかったし、夏場はとにかくず〜〜〜っとクーラーを入れっぱなしにして(^^;) 家のドアやら窓やら完全締め切りだったのですが、さすがにそれはもったいないですしねえ。せめて夜の間だけでも網戸にして涼をとりたいのですが、そうすると猫が窓から出て行かないかどうかが心配になってきます。
網戸なんて軽いから手で開けてしまうかもしれませんし、ぶつかられたりよじ登られたりしたら網戸そのものが破壊されてしまいそうですし…。
今も、2階の廊下の窓を網戸にしていたら、外が気になってたまらない様子でずっとそこに座っているんですよー。
これは一刻も早く何らかの対策を取った方がよさそう。
何しろたまこは、病院に行くとき以外は外に出たことがないので、たぶん一度脱走してしまったら二度と家に帰って来れない気がするのです。近くには広い道路も電車の線路もあるし、怖くてとても外になんか出せません。
ネットで調べてみると、猫脱走予防の方法について書いてくださっているサイトさんもいくつかあったので、それを参考に何とかしようと思っている今日この頃。
いろいろ大変な思いもしたけれど、縁あって我が家に来てくれたたまこだし、せっかくここまで大きくなってくれたのだから、これからも永〜〜く一緒にいられたらいいなと思います。


 
author:千華, category:たまこ。(お猫さま), 11:16
comments(0), -
ネコの日なので、猫の写真を上げてみる
まずはこの写真。



太ましい…。
避妊手術をしてからというもの、信じられないくらいの食欲増進で、毎回出したエサを一瞬で完食。こんなもんじゃ足りねえ〜〜とばかり催促してきます。
手術前、全然食べなくて、体重がさっぱり増えなかったあの<やせっぽちたまこ>は、どこへ行ってしまったんでしょうね?
当然のごとく体重も順調に増え、お腹の皮のたるみ(笑)もなくなって、今や立派な洋ナシ体型。←下半身デブともいう。
エサを食べさせるのに、あーでもない、こーでもないと苦労したのがウソのようです。
一般的に、避妊手術をした猫は肥満になりがち…とのことですが、たまこも標準的なごく普通の猫だったのね。いや、性格がめっちゃ変わってるから、その辺りも変わってるのかと思ってました;;(^^ゞ
これ以上太っても困るので、エサを子猫用から成猫用に替え、与える量もきちんと管理するようにしたのですが、どうもそれでは足りないらしく、いつもお腹を空かせている感じです。
下半身だけじゃなくて、顔回りとか上半身の方にももう少し肉がついてくれたらかわいいのになあ。

あ、性格は相変わらずですよ。
凶暴です。飛びかかってきて思いっきり噛みつきます。→これって私に対してだけなのかしら? それはそれでショックだけど。
ブラッシングも、抱っこやなでなでも、なかなかさせてくれませんし。爪切りなんて一生無理だわ。
娘と二人、「たまには猫カフェへ行って、ほかのかわいい猫に癒されたい〜〜」と慰めあっています(爆)。



こちらは長〜〜〜いたまこ。
せっかくのネコの日ですが、やっぱりかわいいショットは撮れませんでした。。。( ;∀;)


 
author:千華, category:たまこ。(お猫さま), 22:06
comments(0), -
「たまこ」はどこまでも「たまこ」だった。。。
先週の月曜日、ついに避妊手術を受けた「たまこ」。
術後服にエリザベスカラーという衝撃の姿は、先日の日記で書いたところですが、その後抜糸まで1週間。とりあえずそのままの格好で過ごしていたのですが…。
やはり異物が気になるのか、あるいは動きにくいのか、ほとんどヒーターの前か毛布の中で寝ていました。起きても動き回ったり暴れたりすることなく、じっとしたまま…。
さらに、人のいるところにいたいのか、カーペットに座っていると膝の上に乗ってきたり、寝るときも布団の中に入ってきて腕や足を枕にして寝たり…するではありませんか!!!
か〜わいい〜〜〜。触っても噛みつかないし。抱っこしても逃げないし。
うほ〜〜っ。これって、これって、娘と私が夢にまで見た「猫との甘い生活」じゃないか〜〜!!!(´艸`*)
そうなのよ。こんな猫を求めてたのよ。これこそ、私が思い描いていた理想の猫なのよ。
ほんとに、ほんとにかわいかったんだ。。。

で、昨日ようやく抜糸してもらいました。
術後は順調で、傷口もきれいにふさがっているし、もうカラーも必要ないでしょう、との話に一安心…だったんですが。術後服もカラーも取って、元通りの姿になった途端――。あー、やっぱりたまこはたまこだったんだね…。
家に帰ったら以前のように大暴れ。噛みつくわ引っかくわ…。まあ、そうだよねえ。そんなにいっぺんにニャン格が変わるはずないよね。(^^;)
手術後の1週間は「病院で違う猫と取り違えてきたんじゃないの?」と家族全員が思ったほど、大人しかったたまこ。
看護婦さんに、「この1週間の思い出だけで、これから一生この子の面倒を見ていけます!」って、本気で訴えてしまいましたよ>私。
ああ、あのかわいい<たまこ>は何処へ。
1週間の儚い夢でありました。


 
author:千華, category:たまこ。(お猫さま), 09:04
comments(0), -
たまこ、大丈夫かあ〜〜?
昨日、たまこ(9カ月)が、ついに避妊手術を受けました。
体重が2.8キロから全然増えなくて、ずっとおあずけになっていたのです。でも、このままにしておくわけにもいかないし、元来小型の猫なんでしょう、ということでようやくお医者様のOKが出まして。
先週、爪を切ってもらいに行ったときに、事前の血液検査と心電図をとっていただき、手術日を予約しました。
エサは前日の夜から、水も当日の朝から与えないということで、何となくいつもと違う感覚だったのでしょうね。
病院へ連れていくとき、いつもならそんなに抵抗なくキャリーに入ってくれるのですが、この日は大暴れで逃げること3回。なかなか素直に入ってくれずに大変でした。この前の血液検査が相当痛かったようで、その記憶が残っていたのかもしれません。
どうにかこうにか先生にお預けし、夕方娘と迎えにいきました。
女の子は1泊入院かと思っていたのだけど、日帰りで大丈夫とのことだったので。
術後のたまこはもう麻酔もさめていて、術後服を着せられ、大きなエリザベスカラーを首に巻かれ、キャリーの中でうずくまったまま低くうなっていました。
「あー、ヤバいね」と娘。
「だいぶ怒ってますね」と先生。
家に帰って暴れたらこまるわー、とこれは私の心の声。
何はともあれ家に連れて帰り、キャリーから出してあげたのですが、勝手が違うのかじっと動きません。
やがて、トイレに入ろうとするも、最初はカラーがつっかえてうまく入れずウロウロ。ようやく中に入っても方向転換ができません。なんか落ち着かないよー、という雰囲気です。
それからも、棚の上に登ろうとしたり、狭いところを通ろうとしたりするのですが、そのたびに引っかかってしまいます。
とうとう諦めて、カーペットの上でうずくまってしまいました。カラーがあるので、寝るのも一苦労なんですよね。
昨夜は私の足を枕にして寝ていたみたいですが、おかげで体を動かすことができなくて、腰は痛いわ体はバキバキだわ…。
エサや水をあげるのも、皿を持ってあげていないと食べられないので、こっちも結構大変です。カラーをつけたまま食事がとれるようになればいいんだけどなあ。
さらに、お昼に痛み止めが切れるらしいので、その後どうなるのかすご〜〜く心配。一応お薬はもらってきてるんだけど、前は全然のんでくれなかったしなあ。はあ、どうしましょ。。。
抜糸まで1週間。まさか、ずっとこのままってことはないよね??
たまこ、早く元気になって、また大暴れしようね。(^^;)




こら。わいのかっこ見て大笑いしたやろ。この薄情もんがっ!(たまこ)


 
author:千華, category:たまこ。(お猫さま), 11:03
comments(0), -
さぶ;;
寒くなりましたねー。
今月初めに姫路へ行ったときは真夏みたいな暑さだったのに…。
そりゃそうか、もうすぐ12月だもの。。。なんだか慌ただしくなってきましたね。
今年こそは、早いうちに掃除や何やかや終わらせて、余裕の年末を過ごすぞ!とか思ってたのに、早やくも挫折の予感。(^^;)

それはそうと、ようやく数日前からファンヒーターを入れました。
猫が焦げたらどうしよう…とか、結構真剣に悩んでいたのですが、案ずるより産むが易しですね。
実際にはこのとおり。



ヒーターの前で超リラックス(笑)。
普通に寝てるときは香箱座りでかしこまってる感じなんですが、この場所だとお腹全開でぐっすり寝てます。
やっぱりあったかいのがいいんでしょうかね。(^^)


 
author:千華, category:たまこ。(お猫さま), 09:11
comments(2), -
寒くなりましたね (^^;)
ちょこっとブログをさぼっていたら、あっという間に11月になってしまっているではありませんか!
いえね、10月に「お久しぶりです〜」なんて記事を書いてから、ちょっとだけ心を入れ替えて(爆)、できるだけブログの更新もマメにしよう!なんて決心したんですけど、やっぱり長続きしませんでしたねえ。
日常のことに取り紛れてしまうと、その時々に「あ、これ書きたい!」と思っても、なかなかこまめに更新できないんですよね。挙句、もういいや、面倒くさい〜〜となってしまうのが私の常なのでした;;
今回は、なるべくあまり負担にならないように、そんなに気張らずにツイッターの延長くらいの気持ちで行こうと思っていたんですが、一旦書けなくなるとそのままズルズルいってしまいそうで…。また、気持ちを引き締め直してがんばります。

それにしても、寒くなりましたね。
11月といえば例年こんなものなのかもしれませんが、夜なんていよいよヒーターがないと寒くて寒くて;;
我が家も昨日、ファンヒーターに灯油を入れて、スタンバイOK!になったのですが、ここでまたまた問題発生!
そう、お猫さまです。(^^;)
猫ってファンヒーターとかどうなんでしょうね? ストーブは危なすぎると思うけど、ヒーターだって吹き出し口付近はかなり熱いですよね。火傷とかしないのかな? 上に乗られてスイッチを押されても困る…。
ファンヒーターの周りを囲むガードみたいなものも売っていますけど、やっぱり必要でしょうか。
…というところで、未だスイッチを入れるところまでは決心がつかない我が家なのです。よいアドバイスがあれば教えてください。よろしくお願いします。

そのお猫さま「たまこ」ですが、実は1週間ほど前からウンチがゆるい(下痢まではいかない軟便)んですよ。
そこまでは固いくらいだったので、なぜ突然こうなったのか、全く原因が分からず…。それでもきげんは悪くなかったので、しばらく様子をみていたのです。土曜日くらいからちょっと元気がないかなーと思っていたら、日曜日の朝にちょっと吐いてしまったので、慌てて病院へ連れて行きました。
ウンチも診てもらい、特に菌や寄生虫の心配もないということで一安心したものの…。
何よりショックだったのは体重が減っていることでした。1週間前に2.7kgだった体重が、2.5kgになってるって、どうよ。1カ月かけてようやく300g増えたのに、それがたった1週間で200gも減るなんて〜〜!と悲しかったですわ。ますます目標の3kgが遠くなってしまうにゃー。(/_;)
整腸剤ももらってきたんですが、とにかくあまりエサを食べてくれないので、お薬を飲ませるのも一苦労なんですよね。はあ〜。弱ったなあ。
たまこ、早く元気になっておくれよー。

あ、そういえば、ツイッターではつぶやいたんですが、先日病院でもらってきたたまこの薬、名前が「○○たまご」になってて爆笑しました。そりゃまあ、「たまご」っていう名前もかわいいかもしれんけど…。
ちなみに「たまこ」っていう名前は京都アニメーションの「たまこマーケット」から取ったものです。主人公の北白川たまこの家はお餅やさん。お店の名物は豆大福なんですが、拾ってきたばかりのたまこが豆大福みたいだったので(笑)、そこから「たまこ」ってつけたんですよねー。
今や豆大福どころか、特大のパンダパンみたいになってますが。




 
author:千華, category:たまこ。(お猫さま), 10:00
comments(4), -
我が家の困ったちゃん

昨日、本屋さんをブラブラしていて、面白そうだったので即買いしちゃいました。
とにかく今我が家にいる「たまこ」嬢は、それはそれは気難しいやんちゃ姫なのです。
特に私に対する攻撃が酷くて、飛びかかってきて噛みつくは、引っかくは…。おかげでずっと生傷が絶えません。
人間になつかないというわけでもないのが複雑なところで、ほんの赤ちゃんの頃から、やたらと人の膝や足の上に乗ってくる。そのくせ、人に撫でられたり抱っこされるのは大嫌い、というひねくれ者。
かまってほしそうにしているので、遊んでほしいのかなあ…と思って、猫じゃらしなどで遊びだすと、そのうちものすごく興奮してきて人間(特に私の手)に飛びかかってきます。どんどんエスカレートしてしまうので、最後はいつも怒鳴りまくって隣の部屋に放り込んで隔離、というのがパターン。
なんかもう、疲れてしまうというか、それ以上に激しく叱ったことに対する自己嫌悪で落ち込んでしまうんですよねー。
想像していた「猫のいるバラ色の生活」とは全然違うじゃん;;
近頃は、あまりエサを食べてくれないのも悩みの種だし。ほんとにもう、やりきれない。(/_;)

そんな我が家にこの1冊!(笑)
まだきちんと読んだわけではないのですが、我が家にも当てはまる猫の問題行動の数々を、具体例を挙げて詳しく説明してくださっています。
その原因や理由も書かれていて、さらにはどう対処すればいいかを詳しく解説されているので、これなら我が家でもできそう…と未来に希望が。
今まで育ってきた環境や私たちの接し方に問題があって、すでに「こうなってしまった」ところは、もはやどうしようもないのかもしれないけれど…。これから少しでも改善できることがあるなら、なんとかしてやらなくちゃ、と思っています。
いずれにせよ、生き物なんだから理屈じゃないんだけどね。
でも、こういう本が出版されるというのは、世の中に困ったちゃんは我が家のたまこだけではない、っていうことですよね。それが分かっただけでも少しは安心できる私なのでした。(^^;)


 
author:千華, category:たまこ。(お猫さま), 13:31
comments(0), -
猫を飼うのも大変なんだよ;;

今朝の朝日新聞デジタルより。

「これまでペットの人気を二分してきた犬と猫。長く犬のリードが続いていたが、猫が逆転する日が近々やってきそうだ。小型犬ブームが落ち着き、散歩やしつけの手間から犬を飼う人が減る一方で、猫を家庭に迎える人が増えている。
 ペットフードメーカーの業界団体「一般社団法人ペットフード協会」(東京都)は1994年から全国調査を実施し、犬と猫の推計飼育数を発表している。昨年の調査では、犬は1035万匹、猫は996万匹だった。調査対象を5万人に増やした過去5年で見ると、犬は12・8%減少する一方、猫は3・6%増えている。飼育世帯数では犬が上回るが、このペースだと今年の調査で猫の数が初めて犬を抜く計算だ。
 今年の調査は今月9日で終わり、来年初めに発表の予定。協会の越村義雄名誉会長(67)は「犬を新たに飼う動きは低調だが、猫は2匹目を迎える人も増えている。散歩の必要もない猫は単身者でも飼いやすく、今回は犬猫が逆転するのではないか」と予想する。」

なのだそうです。
我が家は元々(私も娘も)猫派だけど、確かに犬の散歩とか大変だろうなあとは思う。しつけもしないといけないし。ちなみに我が家のお隣さんは、ずっと何代も犬を飼っているけれど、未だかつて無駄吠えをしない犬だったことがありません。来客が帰るまで、家人が帰ってきたときでさえ、ず〜〜〜〜〜っと(こっちが心配になるくらい)吠えてます。
何度もキレそうになったけど、ご近所トラブルは面倒なので、ずっと我慢している状態。ほんっとにうるさい!!!
猫なら(盛りの時は別として)こういったことも少ないよね。
でも、野良猫や捨て猫は本当に困った問題だと思うので、飼うならきちんとご近所迷惑にならないようにしてほしいし、安易な気持ちで飼うのは絶対にやめるべきです。
うちのたまこは完全室内飼いですが、これはこれでいろいろ大変なんですよー。(^^;)
この前も、あんまりテレビの画面に向かって飛びついたり引っかいたりするので、ほとほと困っていたら、ご近所の方から「うちではもういらなくなったから」と、画面に引っかける保護板をいただきました。ご近所ネットワークって大切だわ〜。
これでもう、朝の辛坊さんのニュース解説も、お天気お姉さんの指示棒も怖くない! おかげさまで、人も猫も平和なテレビタイムを過ごせるようになりました。Kさん、ありがとうねー。
正直なところ、自然の移り変わりも、他の猫たちとの触れ合いも知らず、狭い屋内だけに閉じ込められた生活が、この子にとってほんとに幸せなのかどうか、今でもよく分かりません。猫の本質からはかなりはずれた生活であることは間違いなく、それってやっぱり無理してるっていうか、たまこにとってはストレスなのかもしれませんし。
でも、人間と暮らしていく以上、どちらの側もある程度の妥協は必要なんだと割り切るしかないですよね。
何にせよ、縁あって我が家に来たたまこですから、(どんなに性格が悪くても、全然かわいくなくても…爆)最後まできちんと面倒をみてやらなくちゃ、と思っています。


 

author:千華, category:たまこ。(お猫さま), 09:13
comments(2), -