千華の気まぐれ日記

大好きな三国志、新選組、戦国無双、お気楽な日々の話題などを気まぐれに……。
なお、直接関係のないコメントやトラックバックはお断りします。
<< パラレル小説第3弾!今回の主役は孔明さん♪ | main | さ…寒い >>
三国志バトン
0
    かなこさんのサイト「水鏡庵」で、「三国志バトン」なるものを配布?しておられたので、さっそくいただいてきました。
    んじゃ、いってみよ〜〜!

    ◆三国志バトン
    ◇『三国志』を好きになったきっかけは?
     小学生のときに読んだジュニアものの三国志。作者は柴田錬三郎氏でした。

    ◇好きな『三国志』作品を5つ
    ・吉川英治 「三国志」
    ・北方謙三 「三国志」
    ・NHK人形劇三国志
    ・劇場版アニメ3部作(東映動画) 「英雄たちの夜明け」「長江燃ゆ」「遥かなる大地」
    ・中国湖北電視台製作TVドラマ 「諸葛亮」

    ◇『三国志』で好きな勢力(三国以外も可)
     ひたすら「蜀」です。それ以外には考えられない。

    ◇好きな人物を5人
    ・姜維 ひたむきさが好き
    ・趙雲 三国志中、最も見事な武将
    ・関平 フツーの青年っぽいところが萌え〜(謎)
    ・徐庶 理屈じゃなく…かっこいい
    ・諸葛亮 この方は存在そのものが別格!

    ◇『三国志』仕官するならどの勢力?(三国以外も可)
     好きな人たちのお側にいたいので、やっぱり「蜀」。でも暮らすなら「呉」が住みやすそう(笑)。

    ◇ふと思う、「もしも○○だったら……」を3つ
    ・もしも馬謖が街亭で失敗しなかったら?
    ・もしも関羽が曹操を見逃さなかったら?
    ・もしも諸葛亮の寿命があと5年あったら?
     蜀にとっての奇跡ばかりを考えてしまう私って…。

    ◇ズバリ『三国志』の魅力って?
     男が男として生きていた熱い時代。現代では考えられないようなパワーを、三国志の時代そのものから感じます。

    ◇バトンを回す5人
     個人の回答用にいただいてきたものなので…。ブログネタなどで、受け取ってもいいよ、という方がおられましたら、ご自由にどうぞ。
    | 千華 | 三度のメシより三国志。 | 23:35 | comments(2) | trackbacks(3)
    千華さん、こんにちはvv
    バトン回答、有難う御座います!「三国志バトンって見掛けないなあ」という話題になって気紛れに作っちゃったものだったのですが、皆様快く結回答して下さってホクホクです。自分が答えたいと言うより寧ろ他の方の回答が見てみたいというのが動機だったりしたのでvv
    あ!「もしも・・・」の部分に激しく同感です。矢張り蜀贔屓としては蜀の奇跡を考えてしまいますよね。ふと劉禅がせめて劉備並の人物だったらなんて事も頭を過ぎりました(笑)。
    | かなこ | 2005/12/21 2:02 PM |

    かなこさん、ようこそいらっしゃいませ!
    「三国志バトン」ありがとうございました。
    世の中にバトンは数あれど、やっぱり答えたいのはこういうバトンなんですよ。ついつい回答にもリキが入ってしまうというものです(笑)。
    もしも…本当に馬謖が街亭を失わず、孔明サマがもっと長生きしていたら…本当に歴史は変わっていたんでしょうか。
    なんだか、切ないです。
    でも、夢は叶わないからこそ夢。いつまでも抱き続けることができる希望なのかもしれませんよね。
    | 千華 | 2005/12/21 10:25 PM |










    http://blog.y-chika.lolipop.jp/trackback/352344
    三国志バトン
     バトンを強奪してまいりました。三国志バトンです。 ●「三国志」を好きになったきっかけは   吉川三国志を兄から強奪して読んだのが始まりです。真三国無双3で一気にはまりました。 ●好きな「三国志」作品を5つ   吉川三国志、北方三国志、蒼天航路、秘本三国
    | 蓬莱の夢 | 2005/12/21 10:51 PM |
    「三国志バトン」・「孔明バトン」
    水鏡庵のかなこさんが作成された、「三国志バトン」と「孔明バトン」を強奪してきました(笑)以下、私の回答です。 ☆三国志バトン ◇『三国志』を好きになったきっかけは? →アニメの横山三国志をみて。元々は相方さんが観ていたのですが、孔明が登場したあた
    | 時の結び目 | 2005/12/26 2:48 AM |
    孔明バトン
    「三国志バトン」と同時に、かなこさんち(水鏡庵)からもらってきたもう一つのバトンに回答したいと思います。 それは…「孔明バトン」! 三国志におぼれ始めた頃は、何が何でも孔明先生ひとすじでした。もちろんほかにも好きな人はいたけれど、孔明さまだけは、特別
    | 千華の気まぐれ日記 | 2005/12/29 11:51 PM |
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    このページの先頭へ