RSS | ATOM | SEARCH
最近見た映画・アニメなど(覚書)
◆天空の蜂  ★★★
突っ込みだすときりがないお話ではありますが(そもそも最新鋭のヘリに子供が乗り込める時点でおかしいでしょ;;)、最後まで緊迫感のある展開で面白かったです。どうも日本の映画は、出だしはいいんだけど話が進むにしたがってどんどんしりすぼみになってしまう…という作品が多いのですが、これは中だるみもなくて良かった。
登場人物がしゃべりすぎる、やたら大声で叫ぶ…など、演出が単調でもったいないと感じる部分もあるものの、それでも本木雅弘、江口洋介などの演技は見応えがありましたねえ。
中盤のヘリからの救出シーンは、本当に手に汗握ってしまいました。
東野圭吾氏の原作は未読ですが、原発に対する深いメッセージ(それも一方的な見方ではなく)が込められていて、今だからこそ見る価値のある作品だという思いを強くしました。それにしても、この原作が20年も前に書かれていたことに驚きを禁じえません。
正直、もう少し細かいところをきちんとやってほしかった(突っ込まれまくりです〜〜)けれど、最近見た日本映画の中ではまだ許せる作品だったと思います。

◆鉄砲娘の捕物帳  ★★★☆
原作は桜庭一樹氏による「南総里見八犬伝」の新解釈。架空の水都・江戸を舞台に、猟銃使いの少女浜路と「伏」と呼ばれる人と犬の血を引く青年信乃との愛と成長の物語。
何か、タイトルで損してる気がするなあ。。。ヒロインは決して「鉄砲娘」というイメージじゃないし、捕物帳でもありません。もっと純粋なボーイミーツガールなお話。
「猟師と獲物の間には、見えない糸があるという」というのがこの作品のキャッチコピーなのですが、狩るもの(浜路)と狩られるもの(信乃)の宿命の糸は、やがて互いの存在を認め許し合う絆になっていきます。
主人公である浜路の心に寄り添うことができれば、ハラハラドキドキしつつ最後に温かいものがすとんと胸に落ちてくる良作。
絵柄は好き嫌いの分かれるところかと思いますが、江戸の造詣がなかなかにシュールで、私的には気に入りました。
最後の信乃と将軍との戦いのシーンはちょっと意味不明で分かりにくく、モヤモヤしたものが残ってしまったのが残念。尺が足りなかったのでしょうか。

◆ホワイトハウス・ダウン  ★★☆
テレビでやってた方(笑)。「エンド・オブ・ホワイトハウス」を見たので、それならば、とこちらも借りてきました。
やっぱりよく似てますねえ〜。出だしはまあちょっと違うんだけど(主人公の過去とか現在とか…)、テロリストがホワイトハウスを占拠する辺りから、めっちゃ既視感が;;
こちらの方は、主人公の娘が一緒に人質にされてしまうというおまけがついてくるのですが、「エンド〜」の方も大統領の息子というキーワードがあったしねえ。
どちらかというと、こっちの方が軽めの作り。「エンド〜」が徹底してシリアスな展開だったのに対し、ところどころ笑いの要素もあったりします。大統領がお茶目なところとかね。
ローランド・エメリッヒ監督にしては、(スケールはともかく)最後まで破綻なく見れたのではないかなー。「2012」は酷かった…。orz
それにしても、最後はやっぱり「USA! USA!」なのね。
「ホワイトハウス・ダウン」と「エンド・オブ・ホワイトハウス」の比較については、<こちらのブログの記事>がとても分かりやすくて面白いのでご紹介しておきます。
そうそう、「エンド・オブ・ホワイトハウス」は第2弾が制作されるようです。今度はイギリスが舞台で、タイトルは「エンド・オブ・キングダム」。よっぽど当たったんでしょうかね〜。次も当たったら、その次は「エンド・オブ・トーキョー」なんてことになるかもしれませんよ(笑)。

◆カンフーパンダ  ★★★
オープニングタイトル、エンドロール、この中華っぽい雰囲気なんて素敵なんでしょう!
舞台設定もすごくきれいで素敵でした。
でも、どうしても、主人公(パンダ)が好きになれないのっ! 顔も、性格も、何かダメです;;
ストーリーは分かりやすくて、往年の香港映画を見ているようでした。設定がまんまジャッキー・チェン。意気地なしで弱い主人公が、師匠と出会って苦しい修行の末にカンフーの達人となり、悪者を懲らしめる…っていう。
お話そのものは面白かったんですが。。。やっぱり主人公に魅力が乏しい気がするのよねー。うう〜ん。(^^;)


 
author:千華, category:シネマ・本語り, 15:42
comments(0), -
Comment