RSS | ATOM | SEARCH
「シン・ゴジラ」を見てきたよ
「シン・ゴジラ」、見てきた人の評判があまりにも良いので、気になって仕方がなかったのですが、ようやく見てきました。
小さい頃からゴジラが大好きで、ゴジラ映画は(ハリウッド版も含めて)すべて見ている我が家の息子が「見に行きたい!」というので、それに便乗する形で行ってきました。
結論から言うと、はい、とっても面白かったです。(^^)
初代の「ゴジラ」を除けば、今までに私が見たゴジラ作品の中では1・2を争う傑作だと思います。ただし、これを普通の怪獣映画だと思って見に行くと、期待を裏切られるかもしれません。
2014年版のハリウッド映画「GODZILLA」は、それまでのゴジラ映画を継承し、王道の怪獣映画として作られており、なかなか面白い作品に仕上がっていました。けれども、庵野秀明監督による本作は、今までのゴジラ映画とは全く違った切り口で描かれており、映画作品として純粋に楽しませてくれました。
この映画、確かにゴジラは出てくるけれど、決して怪獣映画ではないんですね。あくまでも、目線は人間サイドの話。特に前半の部分は、想定外の状況に陥ったときの日本政府の対応を追ったドキュメンタリーを見ているようでした。
初めのうちこそ、煩雑な手続きやら何やらに追われて後手後手に回ってしまう情けない政府ですが、そんな中でも必死にがんばる人たちがいて、彼らの奮闘をいつの間にか見ている我々も一緒になって応援してしまっているのです。
そういえば「ガメラ2」でも、自衛隊が中心となって現有の装備で怪獣といかに戦うかが描かれていましたが、今回は戦闘以前の部分を含めて、もっとリアルな日本政府の対応に焦点が当てられていました。
スクリーンには実に様々な人々が次々に現れては消えてゆき、そこに感傷的な気持ちの動揺や共感を覚えるより先に、人間たちはあっという間にゴジラの犠牲になって死んでいくのです。そこがまた、ドキュメンタリーを見るようにドライで淡々としていて…。
映画を見終わったとき、日本もまだまだ捨てたものじゃないと感動した私ですが、もしかしたらこの映画そのものが壮大な虚構なのかもしれません。そして、それこそ(←日本という国家に対して、夢みたいな甘い幻想を抱くんじゃないぞ!)が庵野監督が現代の日本人に突きつけたメッセージなのかも。
そう思うと、ちょっと怖いな〜。
もっとも、実をいうと、私はエヴァンゲリオンをきちんと見たこともなく、庵野監督についても全くの無知なのです。だから、他の方がいろいろと難しい考察をされているようなことは一切できないのですけれど…。(^^;)
それにしても、このゴジラは強い! ミサイルが命中しても傷一つつけられないなんて;; ヤバいよね。。。
この作品については、いつか(ネタバレ全開で!)きちんとしたレビューをまとめたいですね。

公式サイトは<こちら>から。


 
author:千華, category:シネマ・本語り, 23:32
comments(0), -
Comment