千華の気まぐれ日記

大好きな三国志、新選組、戦国無双、お気楽な日々の話題などを気まぐれに……。
なお、直接関係のないコメントやトラックバックはお断りします。
<< 「シン・ゴジラ」を見てきたよ | main | 秋風五丈原 >>
寝ても覚めても、オリンピック!
0

    連日、熱い戦いが続くリオデジャネイロ・オリンピック。
    日本人選手の大活躍もあって、なんとな〜く寝不足気味です(笑)。
    始まるまではいろいろと問題が山積みで、それこそ大丈夫なの? 本当にやれるの?と心配されていたリオ五輪ですが、いざ蓋を開けてみると、本当にすばらしい大会になりましたね。
    毎日毎日、朝起きると、まずテレビで飛び込んでくるのは日本のメダルラッシュのニュース。最初の水泳・柔道から、こんなに日本の選手が活躍したことってなかったんじゃないかしら。
    一番最初に金メダルを獲得したのが、地元にゆかりの大野選手(男子柔道)だったこともあって、否応なしにテンションが上がってしまいました。
    それにしても、ベテラン選手のがんばりに加えて若い選手の台頭が目覚ましいのは、日本人としてとても嬉しく、4年後の東京オリンピックに向けて希望が持てました。

    いちいち書き出すときりがないんだけど、卓球・バドミントンなどふだんあまり真剣に見ることのない競技ですが、こんなに面白いものだったとは…!  水谷選手、自分より格上の相手に食らいついていくガッツあふれるラリー、高松ペアの大逆転劇、見ていて震えがくるほどでした。
    それに加えて、昨日の女子レスリング。吉田沙保里がついに負けた…衝撃。
    勝つことを義務付けられた彼女が、これまで勝ち続けてきたことのプレッシャーはどれほどのものだったでしょう。
    昨日の産経新聞夕刊のコラムに「勝って騒がれるより、負けて騒がれるようになれ」という記事が(この言葉自体は相撲の話だけれど)載っていたのですが、まさにそのとおりの一戦でした。
    吉田選手は、「金メダルが取れなくて申し訳ない」と泣きながら何度も謝っていましたが、彼女の健闘を讃えこそすれ、責める日本人なんていないと思います。それくらい、彼女が日本の(いや世界の)レスリング界の発展に寄与してきた功績は大きいと思うから。
    さらに今日は、陸上男子400mリレーで奇跡の銀メダル!  最後は思わず大声で叫んでしまって(笑)。本当に、心底感動しました。
    選手一人ひとりに、それぞれのドラマがあるのでしょう。
    これまでの長い時間、言葉では言い尽くせないほどの努力と研鑽を積み重ね、重圧をはね返して、世界の舞台できっちりと結果を出す――。本当にすごいことですよね。

    ところで、今のオリンピックで活躍している若手選手って、みんな「ゆとり世代」の子たちですよね。
    我が家の子どももそうなんだけど、世間からはなにかとマイナスイメージで見られている「ゆとり世代」、実はすごいんじゃないでしょうか。もちろん全員が…というわけにはいかないでしょうが、みんなメンタル強そうだもんねー。
    そしてインタビューでは、みんなが口をそろえて、家族や今まで世話になった人たちへの感謝を述べていたのが印象的でした。
    のびやかに、そして素直に。こんな若者たちなら、日本の未来も明るい気がします。

    オリンピックで戦ったすべてのアスリートたちに。
    興奮と感動をありがとう!!


     

    | 千華 | ニュース・一般 | 22:10 | comments(0) | -









     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    このページの先頭へ