RSS | ATOM | SEARCH
幻想水滸伝靴離灰潺奪を読んでみた

「幻想水滸伝」というゲームがあります。発売されたのは1995年、今からもう20年以上も昔のこと。
この「幻想水滸伝」とその後に出た「幻想水滸伝供廚、私が今までにプレイしたゲームの中で最も好きなRPGなんです。あんまり好きすぎて、今までにさんざんサイトブログでわめいてきたので、ここではもう多くを語ろうとは思いません。
今日書きたいのは、同じシリーズの3作目「幻想水滸伝掘廚砲弔い討任后
幻想水滸伝(以下「幻水」と略します)気鉢兇離妊レクター(シナリオも担当)だった村山吉隆さんがコナミを退社された後、その幻水ワールドの世界観がたまらなく好きだった私は、靴砲呂匹Δ靴討蘯蠅出ませんでした。犬鉢垢楼豈やることはやったのですが(犬呂曚鵑僚个世靴良分をかじっただけだけど;;)、靴世韻鰐い世北ぅ廛譽い覆里任后
そんな幻水掘▲押璽爐良照修魯ぅ泪ぅ舛覆鵑世韻鼻△覆爾コミックの評価がすごく高いんですね。
ゲームはどうも、ルックっていう幻水機Ν兇任脇韻牽隠娃言韻琉貎佑世辰織ャラが、靴任浪燭肇薀好椒垢砲覆辰討靴泙辰…というのがファンの猛反発を招いたらしい。しかもルックって結構人気のあるキャラだったんですよねー。
なんでこんなことになってしまったのかよく分からないんだけれども、こういうのは実際ものすごく慎重にやらないとダメなんですよ。一旦固定ファンがついてしまうと、そのキャラを安易にリストラしたり立ち位置や性格を変えたりするのは、本当に難しいことですから。
私も、三國無双5で姜維がリストラされたときは不買運動するくらいの勢いで怒ってましたもの。もっとも未だに無双5は買ってないんですけど。(^^;)
そんなこんなで、ルックファンからさんざん叩かれた幻水靴任垢、そんなゲームの足りない部分をコミックが補完しているというのがもっぱらの評判なんです。
ならば…というわけで、コミックス全11巻、アマゾンでポチってしまいました〜〜。
そして、今日一気に読んでしまいました。
結論から言うと、ゲームのコミカライズというよりも普通にマンガとしてかなり面白かったです。
主要な登場人物も数多いのですが(何しろ仲間になる宿星だけで108人!)、それぞれにキャラが立っていてこんがらがることもないし、舞台になる時代背景(と過去の歴史)や勢力関係もうまく説明されていて分かりやすかったし。
ただ、ゲーム自体がそうなので仕方がないんだけど、主人公が3人(ヒューゴ、クリス、ゲド)いるためにどうしても話(視点)が揺れ動いてしまって、気筬兇里茲Δ法⊆膺邑の元にみんなの力が結集していく…っていう盛り上がりと感動が薄れてしまった感があるのは残念ですね。
また、確かにコミックでは、ルックの立場や考えはある程度理解できるように描かれてはいるけれど、やっぱり、なぜあのルックが…という思いは否めません。ラスボスがルックである必要があったんだろうか、って。全然違う人でもよかった気がするんだけどなあ。ルックのあの最期は、あれはファンじゃなくても辛いよ。。。
まあ、コミック読んだだけでゲームをやった気になってはいけませんが、さて、改めて靴鬟廛譽い靴討澆襪?と聞かれたら…やっぱりやめとこう、ってなっちゃうかもなー。
ゲドさんは素敵でしたよ。キャラデザがゲオルグそっくりだったー。(^▽^)
コミック版「幻想水滸伝掘廚了篥評価は、★★★★ の4点です。


 

author:千華, category:アニメ・マンガ・ゲーム語り, 21:50
comments(0), -
Comment