千華の気まぐれ日記

大好きな三国志、新選組、戦国無双、お気楽な日々の話題などを気まぐれに……。
なお、直接関係のないコメントやトラックバックはお断りします。
<< 奈良土産 | main | 生存報告 (*^^)v >>
李法曾さんの「諸葛亮」が You Tube で見られるよ!
0

    大好きだった中国湖北電視台制作のドラマ「諸葛亮」。
    中国で初めて、三国志を連続ドラマとして映像化した作品で、1985年の放映時には「放映が始まると通りから人が消えた」ほど大ヒットしたといわれています。後に中央電視台が制作した「三国演義」に比べると、スケールの点でははるかに及びませんが、重厚な人間ドラマとして見ごたえのある内容でした。

    このドラマ、日本では「三国志 諸葛孔明」というタイトルでビデオやDVDになっていますが、実は我が家にはパーフェクトバージョンのレーザーディスクがあります。
    もうずっと以前に、レンタルビデオで出ていたのを初めて見たときは、あまりのすばらしさに激震が走りました!
    その後、どうしても手元に置いておきたくて、当時としてはかなり高かった完全版のレーザーディスク(←時代が分かるね;;)を購入してしまったくらい、この作品に惚れこんでしまったのです。
    何が素晴らしいって、孔明役の俳優さん(李法曽氏)がほんとに素敵で素敵で…。とにかく、歳をとるにしたがって、どんどんステキになっていくんですよ〜!
    それまで、神のごとき天才軍師という側面ばかりが強調され、凄いヤツではあるけれどもいささか人間味に欠けるといったイメージだった孔明さま。
    このドラマでは、より人間味あふれる人物として描かれていて、非常に共感を覚えました。冷徹な策士でも鬼神のような軍師でもなく、ごく普通の家庭人として妻や子を愛し、喜び、悲しみ、時には死の影におびえ、絶望に打ちひしがれもし…。
    「そうなんだ。孔明サマも普通の人間だったんだ」と、これまた新鮮な驚きでした。今は、そんなごく普通の人としての諸葛亮を肯定したいと思っています。

    その「諸葛亮」が You Tube で見られる、という情報をツイッターでゲットしました。(≧▽≦)
    さっそく行って見ると、ほんとだ! 懐かしの「諸葛亮」だ〜〜!
    画質はかなり悪いけど、最終回までちゃんとあるみたい。
    ただ惜しむらくは、字幕がないのです…。orz
    まあ、私は前にさんざん見てるので、画面見てると何となく分かるんだけどね。
    もし興味のある方は、ぜひ見てみてください。
    第1話は、<こちら>からどうぞ。

     

     

    | 千華 | 三度のメシより三国志。 | 22:50 | comments(2) | -
    お久しぶりです。
    と言っても、分からないかもですが・・・
    以前三国志繋がりで、時々遊びに寄らせていただいていました。
    今日、久しぶりにお邪魔してみたら・・
    わぁ〜♪このドラマ私も大好きでした。
    レンタルして何度も見ました。
    李法曾さん素敵ですよね。
    You Tube、少しだけ見てみました。
    ホント懐かしい〜。後でゆっくり見ます。
    | れみ | 2016/10/31 7:24 PM |

    れみさん、こんにちは。
    ようこそお越しくださいました!
    もちろん、覚えていますよ〜。
    うちのブログは辺境の離れ小島、いつも閑古鳥が鳴いていますので(笑)、以前に来てくださった方のことは忘れません。(*^^)v
    こちらこそ、ずーっとご無沙汰で(自分のサイトも放りっぱなしで)申し訳ありませんでした。
    返信も遅くなってしまってすみません。m(__)m

    このドラマは我が家の定番三国志のひとつで、それこそビデオテープが擦り切れるくらい見倒しました。
    LDBOXは、今はプレーヤーを繋いでいないので見れませんが、久しぶりに you tube で見て懐かしすぎて涙が出ました(笑)。
    李法曾さん、ほんとに素敵ですね〜。

    さっき、れみさんのブログにお邪魔したら、これまた懐かしの「時の地平線」の話題が…!
    諏訪先生にフォローされるなんて、うらやましすぎです。
    ツイッター、私も細々とやっているのですが、こちらの方もフォローさせていただいていいですか?
    | 千華 | 2016/11/04 10:20 AM |










     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    このページの先頭へ