RSS | ATOM | SEARCH
お雑煮

今日は、家族そろって天理教の節会(おせち)に行ってきました。
​神殿にお供えされた鏡餅を4日に鏡開きし、5日〜7日の3日間、参拝者や地元の人たちにふるまう行事です。
中学生の頃は、よく学校の帰りに友達と行きましたが、年の数だけ餅を食べるぞー!とかいうおバカな男子がいたりしたものでした(爆)。さすがにそれは無理。。。(^^;)



全国からたくさんの人が帰参されるので、できるだけシンプルにということで、具材は焼いたお餅と水菜だけ。でもこのお出汁が本当においしくて、くせになるお味なんです。久しぶりのおせちだったけど、やっぱりめっちゃおいしい!



ところで、地元奈良のお雑煮はというと、これがちょっと変わっているというか、全国的にも珍しいものかもしれません。
​出汁は昆布と鰹節に白みそ。お餅は丸餅を焼きます。←お餅を焼くっていうのが、白みそ圏の中ではちょっと変わってるらしい。具材は祝大根、金時人参、里芋、豆腐。
​そして…。お雑煮に入っているお餅を一旦取り出して、砂糖の入ったきなこをまぶして食べるという。←ここが他の地域の方には衝撃かも。
白みそのやさしい辛さときなこの甘みが絡まって、何とも言えない複雑な美味しさ…なのだそうですが、私自身はきなこというものがあまり好きではないので、そのまま食べちゃうんですけどねー。
​そんなわけで、我が家ではきなこはつけないんだけど、今でも奈良の家庭ではきなこのお雑煮をつくっているのかなあ?


 

author:千華, category:日々好日, 23:30
comments(0), -
Comment