<< web拍手&メッセージお礼 | main | なんとなくドタバタと過ぎていく日常 >>
近頃見たアニメなど(秋アニメ+SHIROBAKO)

今期はほとんどTVアニメを見ていないのですが、秋アニメは結構いろいろ見ていました。
​私の場合、自分から「見たい!」というのはあまりなくて、ほとんど娘が録画しているのを一緒に見るくらいなのですが。
​そんな中で気に入ったものがあれば最後まで見るし、それほど食指が動かなければ見ない、という感じです。
​昨秋に放映されていたものだと(溜まりに溜まっていた録画を最近ようやく消化した…という感じなのですが;;)、「ハイキュー! 3期」「ジョジョの奇妙な冒険 4部」「夏目友人帳 伍」「響け!ユーフォニアム 2期」くらいかなあ、見てたの。
​「刀剣乱舞 花丸」「うたの☆プリンスさまっ♪」「ドリフターズ」なんかは、娘は見てたけど私はチラ見で終わりました。(^^;)
後から評判がよくて、見ればよかったなあと思ったのが​「ユーリ!on ICE」。そのうち機会があればレンタルででも見てみようと思います。

私的には、秋はもう「ハイキュー!」一択でしたねー。心底マジでコーフンしたよっ!(≧▽≦)
登場人物みんな癖があるけど、それぞれにかわいくてカッコいいです。誰が一番とか決められないけど…やっぱ、私は田中先輩が好きだなあ。ここぞというとき頼れるメンタルの強さ。性格が男前だよねー。
烏養コーチも好きでした。田中一成さんの声がとてもよく合っていたので、お亡くなりになったと聞いたときは悲しくて…。(T_T) 声優さんが変わられてからは、仕方のないことですが少し違和感がありましたね。
​3期は最初から最後まで、ほぼ白鳥沢との試合のシーンで、ずっとハラハラドキドキしっぱなしでした。同時進行で、以前に録画していた1・2期を一気に見直したりしながら(アニマックスの一挙放送も見たし…笑)、とにかくハイキュー漬けの毎日でした。。。終わってからのハイキューロスもひどかったんだけど、アニマックスを見て少しは癒されたかも…です。

「夏目友人帳」は、実はまだ途中までしか見ていません。相変わらず安心のクオリティではあるのですが、ちょっとインパクトが足りないかなー。いい話もあるんだけど、泣けるところまではいかない、みたいな。
​とにかく、前期がとてもいい雰囲気で終わったので、もうあのまま夏目 幸せになればいいよ! You なっちゃいなよ!っていう気持ちなんです、自分。

「響け!ユーフォニアム」もすごくよかった〜。スポーツものみたいなハラハラ感はないけど、あの年代の女の子たちの感情の起伏が丁寧に描かれていて、共感を覚えました。
​日常系ではあるけれど、その中で起きるいろんなトラブルや小さな軋轢、コンクールという非日常なステージ。悩んだり落ち込んだりしながらも、目標に向かって歩き続ける主人公たちがとても素敵です。
あ、全然関係ないけど、今やってる「Fate/Grand Order」のダヴィンチちゃんが、ユーフォの田中あすか先輩に見えて仕方ありません。ショップへ行くたびにニヤニヤしてしまいます(笑)。

​秋アニメではないのですが、最近見たアニメですごく良かったのが「SHIROBAKO」です。
​ずっと前にレンタルで見始めたのですが、なぜか12話までしか置いてなくて、続き(13〜24話)はつい先日、キッズステーションで放映されていたのを見て、ようやく全部見ることができました。
​高校時代にアニメーション同好会の仲間だった5人の女性が、アニメ業界に入ってそれぞれの夢を追いながら作品の完成を目指す、というお話。業界の内幕がよく分かります。(^^;)
​実はン十年前、アニメの制作に関わりたいと思っていた私。。。あの当時も、決していい職場環境とは言えない(つーか劣悪な環境の)制作現場でしたが…。なんかこのアニメ見てると切なくなるのよねー。全然変わってないというか、いやむしろ悪化しているのでは…と。
ブラック企業どころの騒ぎではありません。フリーのクリエイターさんなんて社会保障もろくすっぽないわけだし。あるのはただ個人の情熱だけ…。それっておかしいでしょ、と心から思います。
だいたい粗製乱造が過ぎるんじゃないでしょうか。2016年の秋アニメだけでも、(私なんか名前も知らない作品がほとんどだけど)<こ〜んなに>あるんだぜえっ。これだけの作品を限られた人数で作るんだから、そりゃまあ、無理なスケジュールで「落ちる」こともあるわなあ。(^^;)
​もう少し、作品や、制作する人たちや、ファンを大切にしてほしいと思うのは私だけでしょうか。
​…などと、難しい話はさておき、「SHIROBAKO」とってもいい話でした。自虐ネタを扱いながら(爆)作品そのものは本当に丁寧で、作っておられる方たちのアニメ愛がひしひしと伝わってくる良作でした。
23話〜最終話への怒涛の展開がまさに神! こうしてたくさんの人たちの力がひとつになって、初めていい作品が生まれるんだなあ…と。特に、23話のラスト。声優志望でありながらなかなかデビューできなかった親友の坂木しずかが、ようやく役をもらってアフレコする姿に、主人公の宮森あおい(制作進行)が感極まって涙するシーン。ここ、見ているこちらまでもらい泣きしてしまいました。ああ、いい友達ってほんとに宝物だなあ、って。
​年初めから、素敵なアニメが見られて幸せ〜♪な私なのでした。


 

| 千華 | アニメ・マンガ・ゲーム語り | comments(2) | - |
Comment
きゃ〜〜!
うっかりしてたらもう一月が終わってしまう!!
って、ギリギリセーフ!でここに来ました。
遅れ馳せながら、
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!m(_ _)m

ああ、間に合った、(間に合ったのかな?)
千華さん、相変わらず、映画にアニメにゲームにと、
守備範囲が幅広いですね。
わたしが最近はまってたアニメは、きっと千華さんの守備範囲外だと思いますが、
息子から影響されて見た車(86)の走り屋の殿堂アニメ「頭文字D」です。
で、とうとう、この正月、息子を焚きつけて、
そのトヨタの86っていう車をレンタカーで借りて海辺へドライブしてきました。
といっても、アニメに出て来る型はもうないので新型の86ですが、
18歳で免許取った息子に運転させて、助手席のわたしは青春気分です。

と、自分のことばっかり書いてしまった。
なかなかコメントはできませんが、また時々お邪魔します。
いくつになっても楽しそうに趣味語りしている千華さんは
わたしの永遠のバイブルです。
これからも楽しい記事書いてください。
* うさんぽ * 2017/01/31 8:42 PM
うさんぽさん、こんにちは〜。
せっかくコメントいただいたのに、私事でバタバタしていて、お返事がおそくなってしまい申し訳ありません。
こちらこそご無沙汰しています。
今年はネッ友の皆さんのところへも新年のご挨拶にも行けず、失礼いたしました。m(__)m

うさんぽさんもお元気そうで何よりです。
「頭文字D」ですか? 私はそれは見てないなあ。
同じ車種の車をレンタルしてドライブなんて、うさんぽさん行動派ですね〜。息子さんも大変だ(笑)
お互い、いくつになっても何かにハマって、ときめいて…これからも永遠の乙女でまいりましょう!
今年もよろしくお願いいたします。
* 千華 * 2017/02/06 10:04 AM
It comments.