RSS | ATOM | SEARCH
猫のこと。

暑い、暑いと言っている間に、7月ももう終わりですねえ。
早く涼しくなってくれないかなあ。連日の35度とか、もうエアコンなかったら死んでしまうよ;;

今日も朝から暑い〜〜っ。蒸し風呂だあ。(;´Д`) ……とかウダウダしていたのですが、ツイッターのフォロワーさんが素敵な猫のマンガをリツイートしておられるのを見て、なんだかとてもほんわかした気持ちになりました。
​桜井海さんという方がツイッターで描いておられる「おじさまと猫」というマンガです。ペットショップで売れ残っていたブサイクな(個性だけど)猫が、一人暮らしの素敵なおじさまに引き取られ…というお話。
​こちらからどうぞ。→ <桜井海さんのツイッター>
素敵なお話にちょっとうるっときてしまいまして、我が家の凶暴なお猫さまのことも、妙にかわいく見えてきたりしています(爆)。いろいろ思い出して何となくしみじみ。
​うちのたまこは、一昨年の5月に我が家にやってきました。迷い猫で市役所に保護されていたのを引き取ったのです。たぶんあのままだったら保健所行きだったでしょうね。まだ生まれて2〜3週間くらいで、体重は200gくらいしかなくて、ほんとにちっちゃくてやせっぽちで…ちゃんと育つのかしらとすごく心配したものでした。


    


ところがこのたまこがとんでもないやんちゃで、っていうか噛み癖が酷くて…特にわたしの手足に執拗に噛みついてくるものだから、手も足も血だらけ、傷だらけで、腕なんてリストカットしたみたいになってまして;;
​触られたり撫でられたりするのが極端に嫌いな子で、めったに鳴かないし、自分の思っていたバラ色猫ライフとは全然違うギャップに、泣きたくなることもしばしばでした。
こんなはずじゃないよね、猫ってもっとかわいいものじゃなかったっけ?
。。。。まあ、これがこの子の個性だと思ってあきらめるしかない。。。。のか?

さらに、悔しいことに、たまこときたら息子にだけはべったりデレデレなんですよね。めちゃくちゃハイトーンの甘えた声で鳴きながら、尻尾を立てて足にまとわりつく…こんな姿を見せられたらむかつくの何の! たまこにとっては、息子=恋人もしくはご主人様、ダンナ・娘=同居人、私=下僕もしくは玩具、みたいな感じなのでしょう。(^^;)

私なんて唸り声しか聞いたことないよ。あからさますぎて笑ってしまうくらい、たまこの態度が相手によって違うんですもの。はあ〜。(もっとも母親としては、息子には、猫より人間の女性に好かれてほしいのだが;;)

そんなこんなも、もう今となっては諦めの境地です。

 

 

 

 

でも、今も時おり心ひそかに思うのは、(次に飼うのなら、もっと人懐こくてかわいい雄の猫がいいなー)なんてね。「次」がいつのことになるのやら全く分かりませんが…。

などと、素敵な猫とおじさまのお話に胸が熱くなったついでに、我が家の猫を思い出して胸が痛くなった私なのでした。

 

 

 

author:千華, category:たまこ。(お猫さま), 22:55
comments(0), -
Comment