千華の気まぐれ日記

大好きな三国志、新選組、戦国無双、お気楽な日々の話題などを気まぐれに……。
なお、直接関係のないコメントやトラックバックはお断りします。
<< 年頭所感 | main | いろいろ。 >>
元気の出るドラマ
1

3連休、まったくどこへ出かけるわけでもなく、家事をがんばるわけでもなく、何となくダラダラ過ごしてしまいました。
​そういえば、レンタルで見た「重版出来!」というドラマがすごく面白かった!
​本放送の時は、興味はあったものの見逃してしまって。お正月休みからレンタルして、全十話を一気に見てしまいました。
​出版社のマンガ雑誌編集部を舞台に、女性の新入社員が奮闘する話なんですが、この主人公 黒沢心(黒木華)がものすごくポジティブで前向きで、何事にも全力投球でへこたれない、本当に良い子なんですよ〜。こんなにメンタルの強い新人なんて今どきいないと思うけど…。
彼女はその明るさと一生懸命さで、周りの人たちも幸せにしていく…っていう、見ているこちらまで元気をもらえるドラマでした。お正月に見るとなおさら、すごくハッピーな気分になれるかも。

自分が好きなことを仕事としてやれる人は少ないでしょう。それは本当に一握りの幸せな人なんだろうけど、このドラマを見ていると、どんな仕事であれ、要はその仕事に対してどれだけ愛情を持つことができるかっていうことなんじゃないかと思うんだよね。それは、仕事といかにまじめに向き合うかということでもあります。

編集者を希望して入社したのに営業に回されてクサっていた小泉(坂口健太郎)が、心と一緒に書店回りをするうちに営業の面白さや自分の仕事の大切さに目覚めていく…っていう話、息子に見せてやりたかったなあ。。。と、なんだか胸がモヤモヤする母なのでした。

他の出演者もとても豪華で、個性的な役者さんたちが皆さん役柄によく合っていたと思います。

主人公の心はあまりにもよくできすぎた感があり、こんな新人が入ってきたら先輩はつらいかも…と思わなくもないですが(笑)、黒木華さんが嫌味なく素敵に演じておられて、毎回彼女の笑顔に癒されました。

意外にも視聴率はあまりよくなかったそうです。でも、当時ツイッターなどでとても話題になっていて、評価も高かったように記憶しているのですが。

ドラマの中でも再三言われていたことですが、マンガというものは面白い作品だからといって売れるとは限らない。それはテレビドラマや映画などにも言えることであって、素晴らしい作品だからといって当たるとは限らない、ということなのでしょうかね。

少なくとも私は、この「重版出来!」というドラマがすごく面白かったし、元気と勇気をもらえたし、本を愛する一人としてとてもうれしかったです。

私も、このドラマの登場人物たちと同じように、昔も今もこれからもずっとマンガが大好きだから。

 

◆「重版出来!」公式ページは<こちら>から。

 

◆◇◆ 拍手お礼<追記>

久々に拍手コメント送っていただきました。ありがとうございます〜〜!!

「重版出来!」ずっと見ておられたのですね。素晴らしい! とっても素敵なドラマでしたね〜。!(^^)!

そして、超久々に送っていただいた拍手コメントに、感激で舞い上がっております。(´艸`*) これからもよろしくお願いいたします。

 

 

| 千華 | シネマ・本語り | 22:56 | comments(2) | -
千華さん
うちのブログにコメントありがとうございました
今年もよろしくお願いします!!

さっそくですが、「重版出来!」
(じゅうばんでき!と読んでいました(笑))
Huluで私も見始めたところです!
まだ1話を見ただけなんですけど
とてもいいドラマのように思います。
私もツイッターでフォロワーさんがほめていて
ドラマを見のがしたのを後悔していたので
Huluで配信が始まって
見なくては!と思いつつもやっぱり
テレビ録画優先してしまい
今頃見始めたのですが

千華さんのコメントを読ませていただき
これは絶対に最後まで見ると決意した次第です(笑)

黒木華さんはいい意味で花がないというか
地味というか(怒られるかな)
これを石原さと○とかガ◯キーとかがやったら
鼻につくかもしれませんが
うん
いいキャスティングと思います!
オダジョーも「舟を編む」を彷彿として期待してしまいます。
ほかのキャストもいいですね!
劇中に登場する漫画の原稿も見ていて楽しい!!
千華さんのお墨付きでますます見るのが楽しみになりました!

ではでは、
今年もよろしくお願いします(^◇^)
| short | 2018/01/13 12:22 AM |

shortさん、こんばんは。
ようこそお越しくださいました!
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いします。

「重版出来!」なかなかいいドラマでしたよ。
出版業界の実態がよく分かる…というか、マンガ大好きな私や娘にはすごく興味のある内容で。
キャスティングもとてもよかったと思います。
おっしゃる通り、黒木華さんの素朴さがほどよく新入社員ぽくて(笑)、いい感じでした。
毎回、違う登場人物のエピソードが取り上げられて、群像劇としてうまく組み立てられていたと思うし。
あまりネタバレになってもいけないので、ぜひ最後まで楽しんで見てくださいね。

このドラマを見て改めて思ったのは、やっぱり私も紙の本が好きなんだわ…ということ。
この頃は欲しい本がなかなか近くの書店では見つからなくて、ついアマゾンでポチッてしまうんですが、やはり本屋さんに並んでいる本たちを眺める時間というのは何にも代えがたい至福の時間なんですよねー。
本の中に埋もれるような図書館もいいなー。
何と言っても、手に取った本を開く、ページをパラパラとめくるときのワクワク感。紙の手ざわり。…( *´艸`)
というわけで、厳しいけれども出版業界のみなさまにはこれからも頑張っていただきたいと切に願っている次第であります。
| 千華 | 2018/01/15 10:56 PM |










 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

このページの先頭へ