<< 04月07日のつぶやき | main | 04月08日のつぶやき >>
「三国恋戦記 魁」 買ってしまった…。

 

いやー、前々から気にはなっていたんですけど…。
​買ってしまいました。「三国恋戦記 魁」を、アマゾンでポチッと。​で、今日届きました!
いつもなら、いそいそとすぐにでもやり始めるところなんですが。今回はなかなか決心がつきません。
​というのも、このゲーム世間の評判はどうなのかなー?と思って、先日アマゾンで調べてみたんですよね。そしたら何と、☆2くらいの低評価で、特に前作が好きだった人がそろって酷評してるっていう…。ちょっとびっくりしてしまった。
​何となく、評判よさそうだったら買ってみようかな…くらいのノリで見に行ったのに、あまりのことに茫然自失。いやいや、何がそんなに酷いのか? これは完全に失敗作なの? じゃあ買わない方がいいの?
いろいろ見てみると、やはり前作の出来が良すぎたというのがあるみたいですね。前作があまりにも素晴らしかったから、同じところが作る続編というだけで期待しすぎてしまう。でもその期待が大きすぎると、往々にしてがっかりしてしまう結果になる、というあれです。
​私ももちろん前作が大好きで、この「魁」をとっても楽しみに待っていたから、思ったほどじゃなかったという皆さんの落胆の気持ちはとてもよく分かるんです。でも、やっぱり自分で実際にやってみないと、本当のところは分からないじゃないですか。
​むしろ、甘い期待を持たずにやる覚悟ができて、かえって良かったかなと。
​アマゾンのレビューを見ていると、まず主人公に対する不満が大きいみたいですね。前作の花ちゃんがものすごく良くできた子で、本当にがんばり屋さんで、自分で考えて行動する主人公だったのに比べて、今作の主人公である巴ちゃんは、思い悩むばかりで結局何も行動しない(というか、できない)らしいんです。それが、プレーヤーにとってはかなりフラストレーションになるみたい。そのせいで巴に共感できないし、感情移入もしにくいという感じなのかな。
​さらに、今作の攻略対象はすべてが歴史上の敗者であるため、ストーリー自体が暗いというか、なかなかハッピーエンドにはなりえないらしいんですよね。まあ、どのキャラもろくな死に方してないもんなー。そんな悲劇的な末路を、主人公が何とかがんばって回避する、っていう前作のようなストーリーを期待すると、今回は痛い目を見るようなのです。。。
うーん。悲劇は嫌いじゃないけど、あまりにも救いがなさすぎるのはちょっと辛いなあ。
でも、もしかすると、そこにこそ胸キュン要素が隠れているのかもしれない…なんて、またまた変な方に期待してしまう私。(^^;)
そういう設定の方が、​かえって二次創作魂を刺激されるかもしれないし(爆)。
まあ、とにかく論より証拠、やってみるべし。ってことで、これからプレイしてみようと思います。
途中で放り出さなければ、また後日感想を書きますね。

 

| 千華 | 三度のメシより三国志。 | comments(0) | - |
Comment
It comments.