千華の気まぐれ日記

大好きな三国志、新選組、戦国無双、お気楽な日々の話題などを気まぐれに……。
なお、直接関係のないコメントやトラックバックはお断りします。
タカラヅカのベルばらも変わったのね〜!
0

    CSで放送していた宝塚歌劇の「ベルサイユのばら ―オスカルとアンドレ編―」(2013年月組公演)を見ました。
    ​久しぶりのタカラヅカ。久しぶりのベルばら。ああ〜もう、なんて懐かしいんでしょう!
    ​何しろ、私が生まれて初めて見たタカラヅカの舞台が、1975年の花組公演「ベルサイユのばら ―アンドレとオスカル―」だったんですもの。華やかで、キラキラで、夢のような世界にただただボーゼンとなり、そして虜になりました。
    ​原作のマンガは本当に大好きで、それこそセリフを丸暗記するほど読んでいました。登場人物の中ではアンドレが一番好きだった私にとって、この舞台はストーリーも何もかもほんとに願ったり叶ったりでした〜。( *´艸`)
    ​アンドレ役の榛名由梨さん、オスカル役の安奈淳さん、お二人ともとても綺麗で素敵でカッコよくて…それこそマンガの中から抜け出てきたようで。私にとっては今でも、この二人のアンドレとオスカルが永遠です。

    そんなわけで、今回の放送もワクワクして見ていました。

    でも、何となく違和感が…。以前に見たのと展開が全然違うんだけど。知らない曲も増えてるし。

    何より驚いたのは、マリー・アントワネットが全く出てこないことでした。そのかわり、庶民サイドの話が増えてる気がする。つまり、前半部分のオスカルとアントワネットの交流や、フェルゼンへの叶わぬ恋に悩むオスカルの姿などがバッサリカットされているのです。

    オスカルの視点で描くとこうなるのかなあ…。

    でも何となく物足りない。あまりに男前すぎるというか、彼女の人間的成長は分かるんだけど、男性として生きることを運命づけられた女性の悲しみとか切なさとか、女らしい心の揺れとか、ちょっと描き足りなかったのではないかなあと思ってしまいました。

    まあ、膨大な原作のどの部分をどうつないで再構成するかによって、さまざまなストーリーが紡げるということなのでしょう。

    とはいえ、久々に見たベルばらはとっても素敵でした。今でも覚えている原作のセリフがいっぱい出てきて、うれしくなったしね。

    ラストシーンで、二人の乗った馬車が宙に浮かんだのにはビックリしてしまいましたが;; 思わず、スーパー歌舞伎かよ!と突っ込んでしまった(笑)。

    これからも、タカラヅカのベルばらは進化し続けるのでしょうね。

    またいつか、夢の舞台を見に行きたいものです。

    宝塚歌劇「ベルサイユのばら」の上演記録は<こちら>からどうぞ。

     

     

     

    | 千華 | シネマ・本語り | 23:26 | comments(0) | -
    ヤマト歴史読本
    0




      ​「ヤマト歴史読本」という本を買いました。

      ものっすごくピンポイントでうちの地元を紹介してくれてる本です(笑)。

      紙質がいいので、見た目よりページ数は少ないかも…ですが、写真もきれいだし丁寧に取材してるなあという感じで好印象。何より無駄な広告のページが全くと言っていいくらいないのがいいですね。

      取り扱っている地域は、天理市、桜井市、磯城郡周辺で、古代、「大和王権」と呼ばれた勢力の中心だった地域です。黒塚古墳から多数の三角縁神獣鏡が発見されたり、纏向遺跡からは巨大な建物の遺構が見つかったりして、邪馬台国との関連も注目されている、まさに古代日本のヘソ。

      私たちには日頃見慣れた風景ですが、古代史の謎とロマンにあふれたすごい場所です、たぶん。

      古代が好きな方には超オススメ! そして、ぜひぜひヤマトの地へ足を運んでみてくださいね。

       

      それはそうと、「歴史読本」といえば新人物往来社の雑誌だと思っていた私。この本の出版社がカドカワになっててちょっとびっくり。調べてみると、新人物往来社は2013年に中経出版に吸収合併されていたのですね。(中経出版はカドカワグループのひとつ)

      あー、なんか寂しいなあ。

      高校生時代以降、新人物往来社にはずいぶん貢いだからなあ(爆)。当時、新選組関連の書籍を数多く出版されていて、それにホイホイと乗せられちゃって。。。世間の流行を読むのがうまい会社だったんだろうなあ。

      今でも我が家の本棚には(実家の本棚にも)たくさんありますよー、新人物往来社の本。(;^ω^)

       

       

       

      | 千華 | シネマ・本語り | 17:22 | comments(0) | -
      厄年かな…。
      0
        またまたご無沙汰ですみません。
        ​なんだかんだで9月になってしまいましたねえ。
        ​実は8月下旬にダンナのお義母さんが大腿骨骨折で入院しまして;; もちろん今も入院中です。
        リハビリ頑張って早く退院したいと本人は言っているのですが、なにせ91歳ですから。どこまで回復できるのか、ちょっと不安です。(◞‸◟)
        家に帰っても、以前と同じように生活できるのかどうか。。。今は別居ですが、同居することも考えなくてはならないのか…。色々と悩みは尽きません。
        そんなこんなで、なかなかパソコン開く気にもなれず、また時間もなくて、気がついたら9月になってました。
        ​これからもしばらくはゆっくり日記を書いている暇もないかと思いますが、とりあえず生存報告ということで。

        それにしても今年に入ってからろくなことがありません。
        1月4日にお義父さんを救急で病院に連れて行ってからというもの、2月〜3月はダンナが網膜剥離で自宅療養、5月には蜂窩織炎で入院、やっと落ち着いたかなと思ったら今回の入院。それ以外にも、私自身が腎臓結石で救急搬送されたり、娘は腰痛だし、ず〜〜っと病院と縁が切れないんですよねー。
        これってやっぱり厄年なのかなあ。
        去年家族で厄払いのお参りにもいったんだけど、全然ご利益ないみたい。
        ​書きたいこと色々あるのですが、諸々の忙しさに取り紛れてどんどん忘れていってしまうのが情けない。
        ​いつになったら平穏な日常が戻ってくるのでしょうか。(>_<)


         
        | 千華 | 日々好日 | 23:37 | comments(0) | -
        猫のこと。
        0

          暑い、暑いと言っている間に、7月ももう終わりですねえ。
          早く涼しくなってくれないかなあ。連日の35度とか、もうエアコンなかったら死んでしまうよ;;

          今日も朝から暑い〜〜っ。蒸し風呂だあ。(;´Д`) ……とかウダウダしていたのですが、ツイッターのフォロワーさんが素敵な猫のマンガをリツイートしておられるのを見て、なんだかとてもほんわかした気持ちになりました。
          ​桜井海さんという方がツイッターで描いておられる「おじさまと猫」というマンガです。ペットショップで売れ残っていたブサイクな(個性だけど)猫が、一人暮らしの素敵なおじさまに引き取られ…というお話。
          ​こちらからどうぞ。→ <桜井海さんのツイッター>
          素敵なお話にちょっとうるっときてしまいまして、我が家の凶暴なお猫さまのことも、妙にかわいく見えてきたりしています(爆)。いろいろ思い出して何となくしみじみ。
          ​うちのたまこは、一昨年の5月に我が家にやってきました。迷い猫で市役所に保護されていたのを引き取ったのです。たぶんあのままだったら保健所行きだったでしょうね。まだ生まれて2〜3週間くらいで、体重は200gくらいしかなくて、ほんとにちっちゃくてやせっぽちで…ちゃんと育つのかしらとすごく心配したものでした。


              


          ところがこのたまこがとんでもないやんちゃで、っていうか噛み癖が酷くて…特にわたしの手足に執拗に噛みついてくるものだから、手も足も血だらけ、傷だらけで、腕なんてリストカットしたみたいになってまして;;
          ​触られたり撫でられたりするのが極端に嫌いな子で、めったに鳴かないし、自分の思っていたバラ色猫ライフとは全然違うギャップに、泣きたくなることもしばしばでした。
          こんなはずじゃないよね、猫ってもっとかわいいものじゃなかったっけ?
          。。。。まあ、これがこの子の個性だと思ってあきらめるしかない。。。。のか?

          さらに、悔しいことに、たまこときたら息子にだけはべったりデレデレなんですよね。めちゃくちゃハイトーンの甘えた声で鳴きながら、尻尾を立てて足にまとわりつく…こんな姿を見せられたらむかつくの何の! たまこにとっては、息子=恋人もしくはご主人様、ダンナ・娘=同居人、私=下僕もしくは玩具、みたいな感じなのでしょう。(^^;)

          私なんて唸り声しか聞いたことないよ。あからさますぎて笑ってしまうくらい、たまこの態度が相手によって違うんですもの。はあ〜。(もっとも母親としては、息子には、猫より人間の女性に好かれてほしいのだが;;)

          そんなこんなも、もう今となっては諦めの境地です。

           

           

           

           

          でも、今も時おり心ひそかに思うのは、(次に飼うのなら、もっと人懐こくてかわいい雄の猫がいいなー)なんてね。「次」がいつのことになるのやら全く分かりませんが…。

          などと、素敵な猫とおじさまのお話に胸が熱くなったついでに、我が家の猫を思い出して胸が痛くなった私なのでした。

           

           

           

          | 千華 | たまこ。(お猫さま) | 22:55 | comments(0) | -
          「三国恋戦記 魁」ってどうなん?
          0

            もう一つのブログの方にも書いたんですが、「三国恋戦記 魁」がもうすぐ発売されるんですね。
            ​これ、先の「恋戦記」よりも前の時代、後漢王朝が崩れかけて戦乱の様相が濃くなってくる、まさに三国時代の魁の時代を舞台にしています。劉備や曹操が表舞台に出てくるよりもう少し前の時代。
            ​正直、あんまり買う気にはなっていなかったんですが…。なんかもう、攻略対象がね、これ絶対乙女ゲーの攻略キャラじゃないだろー、あり得んだろー、っていう感じだったので。(^^;)
            呂布でしょ、孫策でしょ、袁紹でしょ、華佗でしょ、さーらーに、あろうことか董卓だよー。(;´Д`) これはどう転んでもあり得んよなあ;;
            ​って、ちょっと気分が萎えていたんですけど。
            ​そんな中、先日OPムービーが公開されたというのでおっかなびっくりで見に行ってみるとですね。これがどうして、なかなかいいじゃないのさ!(←エラソーですみません;;)
            ​スチル見ているうちに、何か知らんがムネアツになってきて、恋戦記やったときの感動がよみがえってきてしまいまして。いやー、もしかして、これはありかも(買いかも)しれんぞ…と。
            シナリオも前作と同じ人だし、期待していいかもしれません。欲を言えば、もう少し攻略キャラを増やしてほしいところなんですが…。せっかく新作なのに、5人だけとかもったいないじゃないですか。せめて張遼とか、出してくれないですかね?
            しかし改めて見ると、ぶっちゃけ、この中で一番興味があるのが董卓(仲頴)だったりします。あの極悪人がどんな乙女ゲーキャラになっているのか、どんなシナリオのマジックが見られるのかと。今となっては、どうしても董卓っていうと無双のイメージになってしまうけれど、実は大昔に、すごく素敵で切ない董卓が主役のネット小説を読んで感動したことがあったんです。もしかして、あんな感じ? …などと、好奇心がわいてきますねえ。
            さらに、このゲームがそこそこ売れたら、次はもっと後半の時代のゲームも作ってもらえるかもしれない…って期待してるんですよね。もちろん、そこは姜維でっ!!!(≧▽≦) 魁があるなら末期もあっていいよね。っていうか、お願い、やってくださいー!!!
            そのための投資なら、このゲーム買ってもいいわ、と真剣に考えている今日この頃(笑)。

            ​あ、あず真矢さんの恋戦記コミック、いよいよ孔明編が始まりましたよ!
            ​1話で、玄徳さんと過去に飛ばされるところまで行ってしまった…。オオトリの師匠ストーリー、今後の展開に超期待!です。
            ​コミックはこちらからどうぞ→ 「三国恋戦記 とこしえの華墨」


             

            | 千華 | 三度のメシより三国志。 | 23:30 | comments(0) | -
            三連休もあっという間
            0

              三連休も本当にあっという間に終わってしまいましたね。
              ​土曜日は、連休初日だというのに、朝早くから腰を痛めた娘を連れて初めての病院へ。整形ではそこそこ有名な病院ということで、レントゲン撮ったりMRI撮ったりしてしっかり半日かかりましたわー。

              前に別の整形外科で診てもらったときは、分離症があることくらいしか分からなかったのですが、この日はMRIも撮ってもらったので、やっぱり椎間板ヘルニアが原因で腰痛や足の痺れが出ていることが分かりました。まあ、原因が分かっても特に何をするでもなく、湿布を貼ってできるだけ安静にしているくらいしかないのですが…。

              ​日曜日は、泉佐野漁港の市場へ買い出しに行くというダンナと息子とは別行動で、私と娘は地元の健康ランドへ(笑)。
              ​なぜか「鬼灯の冷徹」コラボイベントをやってるんですよねー。なんで奈良?なんで健康ランド?というツッコミはこの際なしで;;
              去年は行きたかったのに日が空いてなくて涙をのんだ娘。今年こそは、絶対行く!!というわけで、いざ健康ランドへ出陣〜。
              ところが、行ってみてビックリ! 今まで見たことないくらい混んでる〜((゚□゚;)) 整理券配ってて入場制限してるとか、マジですか! 三連休で、プール目当ての家族連れがいっぱいで、それはもう大変なことになってました。
              ​やっとの思いで(30分くらい待って)入場し、プールは諦めてお風呂へ直行。コラボの金魚草風呂がシュールでしたわ〜。
              ​お昼ご飯は、これまたコラボメニューの座敷童子フロートと熱々石焼カレーをいただきました。お土産も色々ゲットしたよ♪

               

               

                

               


              ​で、月曜日は一日家でゴロゴロ…。
              ​あっという間の三連休なのでした。(^^;)


               

              | 千華 | 日々好日 | 23:12 | comments(0) | -
              台風に向かって走れ!(追記あり)
              0

                今日から1泊で和歌山の加太へ行ってきます〜。
                ​ダンナが退職してから全然どこへも行ってない、どこかへ行きたい〜と言うので、ホントは日帰りツアーか何かでもよかったんですが、少々下半身に不安あり…(爆)で、まあこのくらいの近場なら大丈夫だろうということで予約したんですが…。
                まさか台風が来るとは!!!
                ​しかも昨日発生して、午後にはもう来ちゃうとか、マジで?! ヤバいなあ。。。(^^;)
                北朝鮮のミサイルまでオマケみたいに飛んでくるし。もう、ホントに何なのっ?
                とまあ、色々ありますが、とにかく行ってきます。
                ​昼ご飯を食べたら出発、今日はどこも寄らずに旅館に直行かな〜。
                ​夕陽がきれいな海岸沿いのお宿なのですが…露天風呂とか入ってたら風で飛ばされそうだわ;;
                顛末はまた後日。

                 

                ということで、写真を追記します。

                 

                    

                 

                今回泊まったのは「大阪屋 ひいなの湯」という旅館。施設そのものはちょっと古くてこじんまりしていますが、お部屋はモダンにリノベーションされていて快適でした。

                白いバスタブの半露天風呂付き。ほんとは結構お高い部屋なのですが、じ●らんの限定プランでお得にお泊りできたんです。(*^^)v

                洗面台もとっても素敵!(最初、水の出し方が分からなくて困ったけど;;)

                そしてお食事がすごくよかった!

                夕食は、量的には(男性や若い人には)ちょっと少ない感じもありますが、どのお料理もきちんと「料理されている」っていうか、見た目もお味もとっても手が込んでいて素晴らしかったです。

                朝食は食べきれないくらいで、だし巻き卵とアジの干物が美味しかったなあ〜。

                 

                 

                久しぶりにダンナと二人、のんびりゆったりできて良かったです。

                出かける前は呆然となったけど、台風もさほど大したことなく…。

                花丸の温泉旅行でした。(^^)

                 

                 

                 

                | 千華 | お遊び迷人? | 10:52 | comments(0) | -
                「コウノドリ」 続編が秋に帰ってくる!
                0

                  綾野剛さん主演のテレビドラマ「コウノドリ」の続編が秋に放映されるそうです。→ニュースソースは<こちら>

                  やったー! これ、すごくいいドラマでしたね。

                  初めて原作のコミック読んだときも号泣したけど、このドラマ見たときも涙が止まらなかった。何より作っておられる方たちの熱意というか、作品に対する愛が伝わってきて、感動しました。

                  赤ちゃんが生まれてくること。私たちは、そんなこと当たり前だと思っているけれど、新しい命の誕生はそれ自体が奇跡なんだ、とこのドラマを見ると気づかされます。それと同時に、命はこんなにも大切で、愛おしくて、かけがえのないものなんだと。

                  そのかけがえのない命を守るために、一生懸命がんばっている人たちが大勢いるんだと。

                  やっぱり、涙なしには見られないドラマです。

                  続編楽しみ〜〜。(^^)

                   

                   

                   

                  | 千華 | シネマ・本語り | 23:07 | comments(0) | -
                  幻水総選挙2017
                  0

                    去年の今頃も同じ幻水総選挙の記事書いてましたね(笑)。
                    去年は企画自体を知らなくて、娘に教えてもらった時にはすでに投票期間が終了してしまっており…涙を飲んだのでした。
                    今年は、準備万端! 早速投票してきましたよ。もちろん、ビクトールに3票!!!
                    ​そして、今日投票結果が発表になりました。→結果発表のツイッターは<こちら>
                    ​まだ全体のまとめは上がっていないんだけど、そのうちまとめページがアップされるはず。→たぶん<こちら>

                    肝心の総選挙の結果。
                    我らがビクトールは、去年と同じ8位でした〜〜。(≧▽≦)
                    ​それにしても1の主人公(坊ちゃん)強すぎでしょ。まあ、わかるけどさ…。来年は殿堂入りになっちゃうのね。それも寂しい気もするけど。
                    他にもいっぱい好きなキャラはいる。
                    でも、やっぱりビクトールは特別なんだ。
                    ​あんな頼もしくて素敵なクマさんは他にいない。
                    ​だから、誰が何と言おうと、私の中でビクトールは永遠にナンバーワン。
                    一年に一度、それを確認するための幻水総選挙だったりするわけです。

                    ◆ずっと以前に書いたビクトール愛炸裂エッセーは<こちら>からどうぞ〜。(^^;)

                     

                     

                     

                    | 千華 | アニメ・マンガ・ゲーム語り | 22:59 | comments(0) | -
                    三国恋戦記コミカライズ、いよいよ孔明編が始まります!
                    0
                      あず真矢さんの「三国恋戦記」コミカライズ、仲謀編が終了していよいよ次は孔明師匠の出番かな?と期待しておりましたら、Daisy2のHPに情報が出ていました!
                      ​→ Daisy2 STAFFROOM
                      ​きゃあああ〜〜! ついに満を持しての登場でございますねっ!
                      ファン投票で人気No1だった師匠ですから、きっとオオトリよねーと思っていましたが、やっぱりねー。(^^♪
                      絶対に期待を裏切らないすごい展開になると思います。ぐふふ。。。だって、師匠ですもの(笑)。
                      ​今でも思い出すと泣けてきちゃう切ないラストシーン。エンディング後のエピソードも入っているのかなあ。入っているといいなー。
                      ​あ、仲謀編のコミック(後編)も買わなきゃ! 何やかやで、実は私的に一番好みのキャラでした>仲謀。コミックスでもやっぱりカッコよかったしね。
                      ​平助といい、仲謀といい、乙女ゲーだとこういうキャラに惹かれるのか…と自分でも驚きなのであります。(^^;)


                       
                      | 千華 | 三度のメシより三国志。 | 16:27 | comments(0) | -
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>

                      このページの先頭へ