千華の気まぐれ日記

大好きな三国志、新選組、戦国無双、お気楽な日々の話題などを気まぐれに……。
なお、直接関係のないコメントやトラックバックはお断りします。
クリス・ハートさんのコンサート
0



    2月20日の土曜日、娘と二人でクリス・ハートさんのコンサートに行ってきました。わざわざ神戸まで!(^^ゞ
    現在、全国47都道府県ツアー開催中のクリスさん。娘が大ファンで、本当は奈良のコンサートに行きたかったんだけど、気づいた時にはすでにチケット完売だったんですよ〜〜。
    今回の公演は、ずいぶん前に生協で案内があり、来月の京都とどちらにしようか迷ったのですが、曜日や時間の関係で神戸に決定! ものすごく楽しみにしていたのに、娘ときたら10日ほど前から風邪で体調を壊してしまって。当日も、微熱と頭痛と吐き気と胃痛で、ろくに食事もできない有様で、ついていくこちらも気が気ではありませんでした。
    まあ、子どもの頃から何か大事な予定があるときに限って、ケガをしたり風邪をひいて熱を出したり…と、恐ろしく手のかかる子でしたからねえ。。。運動会の前の日に骨折とか、小学校の修学旅行の朝には38度の熱が出たりとか、中学校の修学旅行(オーストラリア)のときは指の剥離骨折でボルトが入った状態だったし…はあ。
    せっかく神戸まで行くのだから、もう少しどこか観光するとか美味しいものを食べるとかしたかったんですけれど、半病人が一緒なのではどうしようもありません。コンサート直行、直帰!という感じ。弾丸だわ〜〜。なんかもったいないよねー。(T_T)

    肝心のクリスさんのコンサートは、それはもう素晴らしかったですよ〜〜。
    17時開演、20時終演。きっちり3時間(アンコールも含めて)の充実のステージでした。
    娘もまあ、それなりに楽しんだのではないかな…。
    お客さんの年齢層はけっこう高め。40代以上の人が多かったみたい。ご夫婦で来られている方も多かったですね。
    カバー曲やオリジナル曲の数々、ドラマ仕立てで見せる(聞かせる)歌のコーナー、それに洋楽コーナーでのビートルズメドレー、どれもこれも、クリスさんの圧倒的な歌唱力と温かな歌声で心にしみわたりました。
    2月に息子さんが誕生したという報告を、とっても嬉しそうに語ってくれたクリスさん。現在帰化を申請中なのだそうです。日本人になって、もっともっと日本の心を歌っていきたいというクリスさんに、心からの拍手を送りました。
    4月には夢だった武道館のコンサートも決定したそうで、今後ますますの活躍を応援したいと思います。


     
    | 千華 | お遊び迷人? | 21:02 | comments(0) | -
    スーパー銭湯と中華料理
    0
      今日はめずらしく、家族4人でちょっと遠くにある日帰り温泉(スーパー銭湯のようなものですが)に行ってきました。
      ダンナと息子はお風呂が大好きなので、休みが合えばよく二人であちこちの銭湯に出かけていきます。近場だけでなく、わざわざ大阪の堺や羽曳野や寝屋川まで。
      娘はお風呂自体があまり好きではなく、特に公衆浴場は生理的に苦手なので、めったに行かないのですが、今日はどういう風の吹き回しか一緒に行くというのですよ。それというのも、お風呂そのものよりも、その近くにある中華料理のお店がすごく美味しいというのに惹かれてのことなんですけれど。(^^;)
      お風呂は寝屋川にある「東香里湯元 水春」というところです。
      私は以前に一度だけ行ったことがあるのですが、普通のお風呂の他に岩盤浴もあり、また休憩所にはマンガ本やテレビゲームがあったりして、すごくのんびりできるんです。ただし、今日はものすごい人で、あまりゆっくりできませんでしたが。
      それより何より、今日のお楽しみは銭湯のすぐ近くにある中華料理店でのお昼ごはん。
      「麒麟閣」というお店で、前に来たときにたまたま入ったのですが、すごく美味しくて、おまけに値段もそれほど高くなくて。
      中華料理というと、いつも行っている「王将」みたいなチェーン店や、ご近所の大衆中華食堂とかラーメン屋くらいしかなじみがないので、まっとうな中華レストランというのにまず感動してしまったんですよね。
      ランチだったら1000円くらいからあるのですが、メニューを見ると、北京ダックからフカヒレから熊の手、薬膳料理のフルコースまである、と思ったら長崎ちゃんぽんもあったりします。もちろん1000円のランチといえども、一品一品が本格的でとても美味しいんです。特にオススメなのは杏仁豆腐。もうこれは絶品!!
      家に帰ってその話を娘にすると、「そんなにみんなが絶賛するんやったら、私も一度行ってみたい」ってずっと言ってたんですよねー。念願の杏仁豆腐を食べた娘の感想は、「もうスーパーとかで売ってる杏仁豆腐食べられへんわ」でした(笑)。
      こんなお店がもうちょっと近くにあったらいいのになあ。。。
      食事だけで行くにはあまりにも遠い(片道1時間ちょい)のですよね〜〜。まあ、1時間かけて行く値打ちのあるお店だとは思いますけど。
      というわけで、今日はなかなか楽しい休日でした。


       
      | 千華 | お遊び迷人? | 21:41 | comments(0) | -
      岡山へ行ってきました
      0
        先週のことになりますが、1月10日・11日と、岡山方面へ遊びに行ってきました。
        岡山方面…と言っていいのだろうか…。
        泊まりは確かに岡山県だったのですが、1日目はほとんど姫路城と書写山円教寺の観光でしたからねえ。
        そうなんですよ。つい2か月前に行った姫路へ、またぞろ行ってまいりました。(^^;)
        前回は女友達との女子会でしたが、今回は子どもも連れての家族旅行。城郭に興味津々の娘と、歩く戦国事典の息子を連れての姫路城です。楽しくないはずないじゃないですかー(笑)。
        とはいえ、今回の旅の一番の目的は、備前長船の刀剣博物館です。それと、いつものように、美味しいものを食べること。
        「食事」を重視して宿を探した結果、お泊りは牛窓からフェリーで渡った前島にある「唐琴荘」という旅館に決定。わずか5分足らずの船旅ですが、島に渡るっていうのはそれだけで何だかドキドキしますよね。
        「唐琴荘」はご夫婦二人でやっておられる旅館で、小さいながらとてもよくサービスの行き届いた宿でした。そして、口コミにたがわずとっても美味しい食事を堪能させていただきました。
        旬の地魚のお刺身やワタリガニ、オコゼの煮つけ、どれをとっても新鮮で美味しい。どう頑張っても、奈良県では味わえない豊かな海の幸です。そしてそして、大皿に山盛りのカキが登場すると、男どもは悲鳴のような歓声をあげていましたねー。カキが苦手な娘も「うん、これなら食べられる!」ですって。
        個人的には、ヒラメとサワラのお造りが絶品でした。ごちそうさまでした〜〜。

        そして次の日は、備前長船刀剣博物館へ。
        展示されている刀剣も見ごたえ十分ですが、ここは何といっても工房で実際に作業をしておられるのを見学することができるんです。
        ちょうど1月は10日に初打式があり、月に一度の古式鍛錬を見せていただくことができる日だったのですが、おそらくものすごい人だろうし、時間に間に合いそうもないので、あきらめました。
        私たちが行った11日は、祝日ということで、通常の公開作業の他に研師さんが来ておられました。





        2日目の観光は刀剣博物館のみ。
        私以外はみんな、次の日お仕事なので、無理せず早めに帰宅。
        目にも口にも美味しい冬の小旅行でした。


         
        | 千華 | お遊び迷人? | 14:07 | comments(0) | -
        姫路へ行ってきました!(その2)
        0
          昨日も今日も雨。
          それほど寒くはないものの、あの姫路旅行の2日間の暑さはなんだったんだろう…と、今思い出しても暑かった;; 娘曰く「(その日は)松岡修造さんの誕生日だったらしいよ」だそうで…。マジか?!
          喉はまだすっきりしませんが、昨日ほど痛くはないので、姫路旅行の続きを書くことにします。

          2日目の朝は、10時まで旅館での〜んびりした後、11時前に再び姫路駅に到着。
          今日はいよいよ姫路城へ出陣じゃあ〜〜!
          どうやら整理券は必要なしということなので、一目散に歩いてお城、さらに天守閣へと向かいました。
          「天守閣まで待ち時間30分」の看板を横目に、ひたすら上を目指します。途中何度か立ち止まったりゆっくりになったり、少し待たされたりしたものの、列に並んでじっと待つというようなことはありませんでした。
          それでも、天守閣に上る階段は急だわ狭いわ滑りやすいわ、そこを数珠つなぎというか蟻の行列みたいにして上るわけですから、思った以上に足腰に力がはいって疲れましたねー。
          そしてたどり着いた最上階。もう、なんなのこれは? ほんと満員電車の中状態。窓際に寄ることすらできない;;
          はあ〜〜〜。もみくちゃですよー。(´Д`)
          平日の午前中でこれなんだから、土日とかどうなっちゃうんでしょうねえ。
          やっとの思いで天守閣の前の広場までたどり着き、ほっと一息つけました。

           暴れん坊将軍のロケで有名な場所

           絵葉書みたいな写真が撮れた!

           こちらの角度からも素敵

          城内のスポットでスマホやタブレット端末をかざすと、動画や写真と共に詳しい解説が現れる「姫路城大発見アプリ」というのがあって、事前にダウンロードしていたのですが、いやもう天守閣の中やそこに向かう途中ではゆっくりそんなものを見ている暇も余裕もなくて;; 人の流れに巻き込まれて移動するばかりだったので、もう少しスポットごとに詳しい解説が聞けたらいいのになあって思いました。
          もちろん、ガイドさんをお願いすることもできる(有料)んですけど、あの混みようではとてもゆっくり説明を聞いている余裕もないでしょうね。
          その後は、千姫ゆかりの西の丸や化粧櫓などをゆっくり見学。こちらはさすがに空いていて、大発見アプリも大活躍(笑)。

          ひととおりお城の見学をすませると、時間はすでに1時をまわっていました。
          商店街まで戻って昼食をすませてから、今度はお城の横にある庭園「好古園」に向かいました。
          姫路城西御屋敷跡に作られた「好古園」は、市制百周年を記念して建造された約1万坪の日本庭園で、平成4年に開園したそうです。
          姫路城を借景とし、鯉が泳ぐ池や渡り廊下が印象的な「お屋敷の庭」を始め、趣の異なる9つの大小庭園群からなる広大なもの。歩いて回るだけで疲れました〜。

           紅葉はもう一息ですね

          その後は、大手門前にあるお土産屋さんでお土産を買い込み、バスで姫路駅へ。帰宅の途に着きました。
          ちなみに、姫路から我が家までは、電車を乗り継いで2時間10分ほどの道のりです。お城だけなら日帰りも可能なんだけど、何より今回の旅の目的は「潮里」さんにゆっくり泊まりたい、だったので。もちろん、書写山にも行きたかったしね。

          姫路城の写真、いっぱい撮りましたよ。
          姫路駅を出てからず〜〜っとお城の天守閣が見えているというロケーションも素敵で、さすがにお城の町だなあ…という印象です。
          欲を言えば、もっと街歩きを楽しみたかった(レトロな喫茶店とかもたくさんあるみたいだし)のですが、最初から最後までお城とともに歩いた一日でした。
          今度は家族で出かけたいな。歩く戦国事典(笑)な息子と、お城研究第一人者である千田先生の薫陶を受けた娘と、ほぼ歴史的知識皆無なダンナと…(大笑)。それもまた楽し、でありましょうか。


           
          | 千華 | お遊び迷人? | 11:25 | comments(0) | -
          姫路へ行ってきました!
          0
            「そうだ、姫路へ行こう!」と思い立ち、ようやく行ってきましたよ、憧れの姫路城、書写山圓教寺。そして泊まりたかったお宿、潮里。
            姫路城は予想以上の凄い人で、天守閣はもみくちゃでしたが(汗)、それでも平成の大修理を終えた白亜の城はまさに白鷺城。すばらしかったです。以前、『しらさぎ城ならぬしろすぎ城』なんて悪態をついてごめんなさい。m(__)m
            なんつーか、めちゃくちゃ暑い2日間でした。11月だというのに真夏日のような暑さ。秋物着てるからよけいに暑い。人がいっぱいでますます暑い。あまりにもお天気よすぎな2日間で、こりゃもう雨女返上ですなー(笑)。

            姫路駅に着いたのがちょうど11時過ぎだったので、先に駅前で食事を済ませ、書写山に向かうことにしました。
            それにしても、姫路駅を降りると真正面にドーン!!!と姫路城が見えるっていうのがすごいよね。さすがに世界遺産登録第1号です。これだけで観光客を呼べるわけだ。
            書写山圓教寺は、平安時代に性空上人によって開かれた天台宗の古刹で、西の比叡山とも呼ばれています。ロープウエーで登った山上に巨大な伽藍が広がる様は、比叡山や高野山と同じく天上の別世界ですねー。はるか昔、こんな山の上にどうやってこれほどの建造物を建てることができたのか、なんだかもう、気が遠くなってしまいます。
            姫路駅からバスで30分、ロープウエーで4分、そこから徒歩だと約30分で、ようやく本堂の摩尼殿にたどり着くのですが、ロープウエーの駅からマイクロバスによる送迎もあるというので、今回はそれを利用しました。このマイクロバスというのが、これまたジェットコースターみたいな坂道をガタガタ走るなかなかスリリングなドライブ(片道5分くらいですけど)なのです。
            そうしてたどり着いた摩尼殿は、火災で焼失したのを近代になって再建されたそうですが、清水寺の舞台を彷彿とさせる壮大な建物です。ここは西国三十三箇所の第二十七番札所になっていて、御朱印をいただきに参っている人も多かったですね。

             摩尼殿に登る階段

             摩尼殿の舞台

            そこから奥へ歩くこと5分ほどで、三之堂(みつのどう)と呼ばれる3棟の建造物が並び立つ広場に出ます。
            白砂の広場を囲んで、右(北)に大講堂、正面(西)に食堂、左(南)に常行堂の3棟が「コ」の字形に並ぶ景観は、ただただ壮麗の一言。そして、この場所こそが「ラストサムライ」でロケに使われたあの場所!なんですよ〜。

             デカすぎて写真に納まらない;;

             大講堂

            この大講堂の廊下に、渡辺謙が座っていたんだなあ…と思うと、なんかもう感無量。。。
            「ラストサムライ」以外にも、大河ドラマ「軍師官兵衛」や最近では「駆込み女と駆出し男」「黒衣の刺客」などの映画の撮影が行われた場所でもあります。
            建物は室町時代の再建だそうですが、めちゃくちゃ趣があって素敵。静かで清浄で、本当に心洗われる空間なんですよね。

            さて、「ずっと行ってみたかった」圓教寺を満喫し、マイクロバス→ロープウエー→バスと乗り継いで姫路駅に戻ってくると、もう4時をまわっていました。駅から今晩のお宿「潮里」に、JR網干駅までお迎えに来てもらう電話を入れます。
            網干駅から宿までは15分くらいなのですが、途中コスモスがきれいに咲いている場所があるというので寄り道してくださいました。ちょっと時期をずらして植えてあるのか、ほんとに満開できれいでしたよ。
            「懐石宿 潮里」は、目の前に瀬戸内海が広がる夕日のきれいなお宿。
            到着したときにちょうど夕陽が海岸線に沈むころで、息をのむくらい素敵な景色でした。

             宿のすぐ前が海岸になっています

            この旅館は、ずいぶん前に何かの雑誌に掲載されていたのを見て、一度行きたいなあとずっと思っていたのです。
            全11室のこじんまりした宿ながら、そのロケーションのよさ、そして食事が美味しいというところに心惹かれてしまって。ネットの口コミを見ても、料理の評価は満点に近く、ますます行きたい思いが募っていたんですよね。
            今回宿泊させていただいて、ほんとにとてもよかったです。料理はもちろん、従業員の皆さんのおもてなしが実に心地よくて。素晴らしい時間を過ごさせていただきました。機会があればまた利用したいですね。

             朝食も美味しかった!

            2日目はいよいよ姫路城へ。
            …なのですが、実は風邪をひいたのか、昨日の夜から喉が痛くて、体調があまりよくありません。
            今日のところはここまでにして、続きはまた明日にでも書こうと思います。体調がよければ、ですが。(^^;)


             
            | 千華 | お遊び迷人? | 21:23 | comments(0) | -
            ちょっとそこまで、鰻を食べに…
            0
              関宿の近くにある「初音」というお店に、鰻を食べに行ってきました。
              ここ、以前にも一度遠征したのですが、定休日だったんですよねー。(/_;) 月曜日が定休日だというのはネットで見てわかっていたのだけど、その日は祝日だったのでもしかしたら開いているかも…とダメもとで行ったのですが…やっぱりダメでした。orz
              そして今回、満を持してのリベンジ!
              お店に着いたのは12時20分。土曜日だし、お昼時だし、それでなくても超有名店なので、1時間くらいは待つ覚悟で。…が、思ったより待たずに済みました。
              運ばれてきたうな重は、あっさりとしたかけダレで、うなぎはパリッと香ばしくて…絶品でした。あ、グルメレポートは柄じゃないので、言葉があまり出てきません(笑)。
              とにかく、ちょっとそこまで(車で1時間30分)出かけた甲斐があるお味でした。(≧▽≦)





              今日はダンナと二人で来たので、次は子供たちも連れてこないと。
              その時はひつまぶしを食べてみたいなあ。
              ごちそうさまでした〜〜。

               
              | 千華 | お遊び迷人? | 23:42 | comments(0) | -
              そうだ、姫路へ行こう!
              0
                実は11月上旬に、以前の職場の友人と姫路方面へ行こうと計画しています。
                目的は(表向きは)、新しくなった姫路城と、「ラストサムライ」のロケ地にもなった書写山円教寺。でも本当は、潮里という旅館に泊まりたいなあというのが、この場所を選んだ第一の理由なんです。
                もうずっと以前に、何かの雑誌で目にしたことがあったのですよね。それ以来、なぜかしら印象に残っていて、いつか泊まってみたいなあ、と。
                そんなに大きな宿ではないのですが、懐石宿と銘打っているとおり、食事が美味しいと評判なんです。
                円教寺も、「ラストサムライ」を見て以来、一度は行ってみたいとずっと思っていました。
                なので、すごく楽しみ〜〜。
                どうせどこへ行っても、観光そっちのけでおしゃべりばっかりしている女子会ですが、のんびり楽しんでこようと思っています。


                 
                | 千華 | お遊び迷人? | 23:08 | comments(0) | -
                東京へ行きたしと思えども…
                0
                  11月、東京で素敵なイベントが開催されます。
                  ひとつは「三国志サミット」。三国志に関わる各界の有識者、クリエイターさんらによるトークショーを中心に、中国伝統芸能の「京劇」および台湾の伝統人形劇「布袋戯」(ほていぎ)の上演などもあるそうで、中身の濃いイベントみたいです。
                  もうひとつは、幻想水滸伝1の発売から20周年を記念したオンリーイベント「トランの湖城で会いましょう2」です。
                  三国志サミットが11月21日(土)、幻水イベントの方が22日(日)の開催なので、行こうと思えば両方行けるし、この機会に一度は行ってみたかった「歴史酒場銅雀台」に行くっていうのもありだなーと思うし…。
                  なのですが。
                  やっぱり、東京は遠いのよね。三連休の真っ只中となれば、ホテルも高いでしょうし。なかなかおいそれとは行けないんだよねー。
                  もうずいぶん前に、子どもたちにこの話をしたら、息子は「行ってきたらいいやん」とあっさり言ってくれたのですが。「おかんもたまには一人でのんびり羽のばしてくれば」…とまあ、なんとやさしいことを!(*´Д`)
                  でも、やっぱり無理だよ。
                  一番のネックは一人で行ってもなあ、っていうところなんです。もちろん一人で行って思いっきり羽をのばしてくればいいわけなんだけど、こういうイベントってやっぱり一緒に行く相手がいないと寂しくないですか? ただの観光だったら一人でも全然平気なんですけどねー。
                  せめて大阪か京都での開催ならふらっと出かけていけるんだけどなあ。
                  (専業主婦にとっては)東京へ行きたしと思えども…東京はあまりに遠し。
                  イベントに参加される皆さん、どうぞ私の分まで楽しんでいらしてくださいね。


                   
                  | 千華 | お遊び迷人? | 17:04 | comments(2) | -
                  刀剣女子がいっぱい!
                  0
                    ネットが落ちたりなんやかや…で、いや実はもうそれよりずうっと前から、刀剣乱舞は放置していたのです。何というか、色々面倒くさいというか、どうせ何やってもおじいちゃんも明石も出てこないんでしょ、っていう感じで。イベントも面白くないし、ゲーム本体?よりも商品化とか周辺の方に力が入りすぎているのも気に食わなかったし。
                    まあ、一言で言うと「飽きた!」ですかねー(爆)。
                    そんなこんなで、私は大して興味もなかったのだけど、娘が「どうしても!!」と言うので、先月26日に明日香村で開催された「おもしろ歴史フェスティバル」というイベントに行ってきました。
                    メインは東吉野村に工房を構える現代の刀匠、河内國平さんと、名古屋刀剣研究会会長を務める杉浦良幸さんによる講演会(トークショー)でしたが、会場内のブースでは、河内さんが正宗賞を受賞した刀剣をはじめ、石切劔箭神社所蔵の石切丸・小狐丸などの真剣が展示されることもあって、若い刀剣女子たちがわんさか詰めかけ、ものすごい賑わいでした。あ、まあ、かく言う私たちもそうなんですけどね。(^^;)
                    いや〜、凄かったわ〜〜。刀剣ブースなんて、最後はどれだけ並んでたんだろ?
                    今さらながら、世間の刀剣ブームの一端を見せつけられました。
                    それにしても、河内國平さん、今年で74歳になられるそうですが、お話も面白くてとってもお元気でした。
                    河内さんと言えば、もう10年近く前に、橿原考古学研究所の博物館でお目にかかったことがあります。石上神宮の七支刀を復元されたということで特別展が開かれたのですが、そのとき会場内にいらして、気さくに私たちの質問に答えてくださっていました。当時、息子が刀鍛冶になりたいなどと言っていたこともあって(どこまで本気だったかは分かりませんが;;)、なかなかスリリングな邂逅だったと記憶しています(笑)。
                    石切丸は、思っていたほど長い刀ではなくて、どう見ても太刀ですね。細身でバランスがよく、とてもきれいな刀でした。
                    河内さんが、現代では不可能とされた平安時代末期〜室町時代の古刀が持つ地斑(じふ)「映(うつり)」の再現に成功し、刀剣界最高の「正宗賞」を受賞されたのは昨年のことです。今回、その受賞作、さらにもっとはっきりと「映」が分かる刀剣なども展示されていて、本当に素晴らしかった。
                    こういう方が奈良県に住んでおられることは、奈良県民の誇りですね。
                    ※ 河内國平さんの公式サイトはこちらから→「無玄関」


                     
                    | 千華 | お遊び迷人? | 15:05 | comments(0) | -
                    梅雨の晴れ間
                    0
                      今年の梅雨はよく降りますねー。
                      特に九州では、6月の雨量が平年の3倍くらいあったとか。どうぞ土砂災害などの被害が出ませんように。
                      早いもので、今日から7月。今日も関西は昨夜からの大雨です。おかげさまで暑さはずいぶんましで過ごしやすいですが。

                      6月27日・28日と、以前の職場の同期会の旅行で信州方面に行ってきました。
                      この時期の旅行ですから雨は覚悟していたのですが、それにしても事前の天気予報はしっかり傘マークで、信州でお天気が悪かったらさっぱりじゃん…とテンション低かったんですよねー。
                      1日目はさすがに曇りでしたが、途中雨に降られることもなく。この日は、恵那峡遊覧松本城の見学予定だったので、それほどお天気は心配していなかったんです。
                      そんなことより、出発してすぐ、東名阪で車両火災のために通行止めというアクシデントがあり、そっちの方で予定が狂ってしまいました。1時間くらい遅れたかなー。で、松本城の見学時間に間に合わず…車窓から天守閣を眺めることにあいなりました。(^^;)
                      もっとも、同期の旅行っていつも何かトラブルがあって、むしろそれが思い出になってたりするんですけどね(笑)。
                      台風で(出発してから)コース変更になったこともあったし、伊豆へ行った時など、途中でバスから煙が出て後の予定がすべておじゃんになってしまいました。←例の、三菱のバスでの発火事件が話題になっていた頃のことです。この時は、仕方がないので代替えのバスが来るまで延々4時間くらい海辺で宴会して過ごしました(爆)。酒とつまみだけは大量にあったのでね。。。その時は結構大変だったのだけど、後から思い出すとこれが一番記憶に残っていたりしますね、ホント。
                      1日目はそんな感じだったのですが、2日目のお天気がめちゃくちゃよくて、それだけでも今回の旅行に来た甲斐がありました。
                      宿泊は美ヶ原温泉の翔峰という旅館で、ロビーや客室から眺める北アルプスの景観が圧巻なのですが、2日目の朝の眺望は本当に素晴らしかったです。



                      そこから蓼科にあるバラクライングリッシュガーデンまで、ビーナスラインを通っていく間の眺めがこれまた最高でした。澄み切った青空のもと、霧ヶ峰からは八ヶ岳や富士山がくっきりと見えて。
                      これまで何度もこの辺りに来てるけど、こんなにいいお天気はめったにないんじゃないかなあ。とても日頃の行いがいい団体とは思えませんのですが…。



                      信州が大好きだった私は、学生の頃から夏になるとこのあたりをよく旅していました。今のように自家用車があるわけではないので、電車や路線バスを乗り継いで、後はひたすらリュックを担いで歩く旅です。特に霧ヶ峰の山小屋の素朴な雰囲気が大好きで、車山のコロボックルヒュッテや池のくるみのロベンドヒュッテなどには何度もお世話になりました。
                      今回、観光バスでビーナスラインを走りながら、所々懐かしい地名や景色を見て、もう40年近くも昔のあの頃のことを昨日のことのように思い出しましたよ。ああ、ここも歩いたなあ…って、色褪せてた記憶が洗い直される感じでしょうか。
                      2日目の観光は、バラクライングリッシュガーデンと諏訪大社上社。
                      バラクラは一度は行ってみたいと思っていたので、オールドローズの咲くこの季節に訪れることができて満足です。もう少しゆっくり、お茶でも飲みたかったけどね。



                      諏訪大社上社は、想像以上に立派な社殿でした。特に、湖側に設けられた回廊の静寂さが素敵だった。



                      何はともあれ、無事に帰ってこれてよかった。何しろ酒飲みばっかりのアブナイ団体なので(今回はほんとのほんとに超ヤバかったのです…爆)、幹事さんはさぞかし大変だったことでしょう。お疲れ様でした。


                       
                      | 千華 | お遊び迷人? | 09:10 | comments(0) | -
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>

                      このページの先頭へ